戦争コメディ「トロピック・サンダー」上映中止を求め、知的発達障害者の支援団体などが大規模抗議運動?!

トロピック・サンダー
アメリカで今週13日(水)から公開される、ベン・スティラー監督・主演し、ジャック・ブラックロバート・ダウニー・Jrとトリオを組んだ戦争コメディ映画トロピック・サンダー/史上最低の作戦」の内容の一部変更や、場合によっては公開中止を求め、知的発達障害者の支援団体などが大規模な抗議のボイコットを行なう可能性を示唆したと、ニューヨーク・タイムズが報じました。この抗議の訴えの中心となっているのは、知的発達障害者のスポーツ活動などを支援し、自立をバックアップしていく国際組織スペシャルオリンピックのチェアマン、ティモシー・P・シュライバー氏です。では、製作費に困ったアホな映画監督が、マヌケな俳優らを騙して、本物の戦場で戦争映画を作ろうとするバカなコメディ映画「トロピック・サンダー」の、いったい、どこがシュライバー氏の怒りを買ったのか?!と言うと、問題は映画本編の主な内容ではなく、ベン・スティラー扮する俳優タグ・スピードマン代表作として、映画の中で紹介されるトロピック・サンダー-シンプル・ジャック映画中映画知的発達障害者の映画シンプル・ジャック」(写真左)の部分です。「シンプル・ジャック」が、知的発達障害者の人権を損ねているとシュライバー氏らに注目されるキッカケとなったのは、「トロピック・サンダー」がネットの口コミ宣伝のため、存在しない映画シンプル・ジャック」の公式サイトを立ち上げてしまったからです(ココで紹介したミーガン・フォックスマザー・テレサの映画と同じパターンですね)。抗議を受けた同サイトは即座に閉鎖されましたが、シュライバー氏は「元が断たれていない」として、映画を製作したドリームワークスに対し、「トロピック・サンダー」から、映画中映画「シンプル・ジャックの部分をすべてカットするだけでなく、その抗議の根拠である、「シンプル・ジャック」の中で知的発達障害者の主人公を、周囲の者がイジメバカにするのに使っている不適切な言葉retard”=“知恵遅れ”は言語道断とし、他の場面でもretardという言葉を使わないようにと、強く抗議を申し入れました。しかしながら、ドリームワークス側は、「トロピック・サンダー」はR指定大人向けのコメディ映画であり、特定の人たちを中傷する目的の作品でないのは明らかとして、シュライバー氏の要求を全面的に却下しました。そのため、抗議が実らず怒ったシュライバー氏が、ならばと、スペシャルオリンピックの関係する知的発達障害者団体などに動員をかけ、力づくでもトロピック・サンダーの上映を中止させてみせるボイコット運動を引き起こそうとしてるのが状況の実態です。ベン・スティラーが、「シンプル・ジャック」の場面で伝えたかったのは、単純な能無しのアクション俳優という設定のスピードマンが、人気お金だけでなく、名誉まで得ようと主演男優賞狙いで、知的発達障害者の役に挑戦という筋立てからしても、現実の映画界で、優らが賞狙いに障害者や難病の患者を演じ自分の演技力をアピールしようとするエゴのせこさを小バカにしたかったのは明らかで、むしろ、障害者の人たちはアンタらハリウッドのバカがダシに使っていい道具じゃないんだよッ!!アタマ使ってオリジナリティを持てッ!!という批判が根底にあるのでは?!、そういった議論まで含めず、単に“retard”の言葉尻だけをとらえ、今や、知的発達障害者を“武器”として動員してやると、悪い言い方をすれば、ドリームワークスを“脅迫”してるようにも見えかねない、スペシャルオリンピック側もいかがなものか?!と、アメリカの映画サイトや、世論では、この問題をシラジラしく受け止め呆れているようです。しかし、シュライバー氏が訴える不適切な言葉の使用などが望ましいことでないのは確かなので、日本公開時には、“retardを字幕でどのように翻訳するのか?!、注目しておきましょう。また、この「トロピック・サンダー」では、この他にも様々に過激な描写が飛び出すようなので、テレビ放送は期待せず映画館でご覧になることをお薦めします日本公開11月15日です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中