ブラッド・ピットがタランティーノの戦争映画「イングロリアス・バスターズ」に出演正式決定!!、ひさしぶりにキレそうです!!

ブラッド・ピット
すでにほぼ確定的だったので、今さら、お伝えする必要もない感じですが、ブラッド・ピットが、クエンティン・タランティーノ監督の最新作の戦争映画イングロリアス・バスターズ」の出演契約書にサインをし、晴れて、兵隊ヤクザ部隊イングロリアス・バスターズの親分アルド・レイン中佐を演じ、主演することが決定しました!!、「カリフォルニア」(1993年)や、「ファイト・クラブ」(1999年)、「12モンキーズ」(1995年)などで観せてくれた、凶暴なブラピのキレた姿が観られるかもしれませんね。また、同映画には、すでにココでお伝えした、俳優として出演する、残酷映画ホステル」シリーズのイーライ・ロス監督の他に、スティーヴ・カレルが主演の人気コメディ・ドラマThe Office」に出ている、B.J.ノバク(「再会の街で」2007年)の出演も決まったようです。この3日間出演者のアナウンスが毎日ある「イングロリアス・バスターズ」なのですが、宣伝も兼ねて、1日にひとりずつ小出しにキャストを発表していくつもりなのでしょうか?!、本作の撮影は、10月13日からドイツとフランスでスタートする予定なので、現在、アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、生後間もない双子ちゃんらと一家でフランス・プロヴァンスのお城住まいのブラピは、フランスでの撮影ロケ地まで、お城からヘリコプターで通うつもりかもしれません。ところで、先日から、日本のいろんなメディアで、クエンティン・タランティーノ監督の別の企画中のリメイク映画ファスター・プッシーキャット キル!キル!」(オリジナルは、ラス・メイヤー監督による1965年の作品)に、歌手お騒がせのセレブブリトニー・スピアーズが出るらしい?!という記事が踊っていますが、それについては、アメリカのネットで、またぞろ、その記事が出て即座にブリトニー・スピアーズのマネージャーが完璧にデマと否定しています。そんな、とっくに“便所の落書き”とわかっているネタを、時差を持って報じている日本のまともなメディアは、本来は伝えられないはずなのですが…。また、ブリトニー・スピアーズが同映画に出るというウワサは新しいものではなく(根拠はおっぱいのサイズというバカな理由)、このブログでも、今年初めココですでに軽く伝えています。それが今になって、また出てきたのは、この時期、スターや映画関係者が夏休みのバカンスなどに出かけ、映画ニュースがなくて困ったいい加減なサイトか?ライターが?、単に古い話題を蒸し返したのでは?!、クエンティン・タランティーノ監督は、「イングロリアス・バスターズ」を、来年のカンヌ映画祭で上映という、かなり無理な公約を果すのに必死で、その先の次回作のキャスティングなどできる訳もなく、また、キャスティングということは、ある程度、製作資金調達のメドも見えていることを意味するので、そう考えれば、さらにこの時期、そんな先の映画の製作費集めなどをタランティーノがしてる訳がないのは子どもでもわかりますよね?!ジョークとして、おもしろいだけで、映画ファンをバカにしたような記事を、大手のメディアが無責任にか?それとも故意にか?、ニュースとして出すのは意味がわかりません…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中