デンマークで大ヒッのダーク・ファンタジー映画「アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」を、ユニバーサルがハリウッド・リメイク決定!!

デンマークで、2007年2月に公開され、国内で年間№1の大ヒット作になった、ダーク・ファンタジー映画アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」(原題は“De fortabte sjaeles o”)を、ハリウッドのメジャー・スタジオ、ユニバーサル・ピクチャーズがリメイクすることになりました。「アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」は、14歳の主人公の少女ルルが、ふとしたことから呼び出してしまった、19世紀のマジシャンハーマンの霊魂が、光の玉として彼女の弟に入り込み、そのハーマンに導かれ、善と悪との世紀を越えた闘いにピリオドを打つことになった姉弟が、仲間の子どもたちと共に、魂を奪われた死者たちの島へ乗り込んでいく…ッ!!というような内容です。 ↑ 上の予告編を観てもらえば、すんごくオモシロそうなので、とりあえず、このデンマーク映画の日本版DVDを出してよ!!という感じですね。本作の監督は、36歳のニコライ・アーセルという人で、デンマークではヒットメイカーとして知られてる人気監督です。脚本家として経験を積んだ後、2004年に「キングズ・ゲーム」(Kongekabale)という、ジャーナリストが主人公のポリティカル・サスペンスで映画監督デビューし、デンマーク国内で賞を総なめにしたほか、英米でも公開されるなど、国際的に高い評価を得ました。また、2002年脚本を執筆した「キャッチ・ザット・ガール」(Klatretøsen)が、2004年に「キャッチ・ザット・キッド」=邦題「ミッションX」として、すでにハリウッド・リメイクされています。そんな、とっくにハリウッドでの実績もあるニコライ・アーセル監督なので、ハリウッド版アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」は、自らセルフ・リメイクで監督し直し、ついに本格的なハリウッド進出を果すとのこと。ハリウッドのスタジオにとっては、新たなヒットメイカーがアメリカにやって来ることで、可能性の扉がまたひとつ増えることになりますね。ハリウッド版「アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」は、これから脚本のリライトのため、製作スケジュールなどは未定ですが、楽しみな映画の企画として、覚えておいてください
アップデート:「アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」は、「ルルの冒険~黄金の魂~」という邦題で、7月18日からDVDレンタルがリリースされてるとのことです。mash1966さん、ご指摘、ありがとうございます。
アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ

デンマークで大ヒッのダーク・ファンタジー映画「アイランド・オブ・ロスト・ソウルズ」を、ユニバーサルがハリウッド・リメイク決定!!」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中