ダコタ・ファニングが予知能力者ウォッチャーを演じるエスパー戦隊?の新作SF映画「PUSH/プッシュ」のポスターと写真!!

プッシュ-ポスター
今朝、ココダコタ・ファニングが出演のドラマ映画ウイングド・クリーチャーズ」を紹介しましたが、そのダコタ・ファニングが予知能力を持つエスパーを演じてる最新作のSF映画PUSH/プッシュ」が、 ↑ のポスターを初公開しました。本作は、第二次大戦中、ナチスが極秘裏に超能力部隊を開発してたことを前提に、その研究が、実は現代の今日まで、大国の政府に引き継がれていた…という設定から、世界各地に散らばるエスパーたちが団結して、何かの目的を果そうというストーリーらしく、ちょっと、人気のSFドラマHEROES/ヒーローズに似た感じです。アメリカでの公開予定が2009年2月なので、まだ詳細には中身を知らされてないのですが、先々週末のサンディエゴ・コミック・コンで、ダコタ・ファニングがナレーションをつとめる予告編のような動画が公開されてるので、近日中にもオンラインに動画が登場し、どういう映画なのか?!、もっと、わかるかもしれません。監督は、「ホワイト・ライズ」(2004年)、「ラッキーナンバー7」(2006年)など、ジョシュ・ハートネットの主演作を連続して手がけた、イギリス人のポール・マクギガンです。同監督のサンディエゴ・コミック・コンでのコメントによると、本作のキャラクターは、スーパーヒーローではなくたまたま特殊な能力を持ってしまった普通の人たちとのこと。などと言われると、ますます、「HEROES/ヒーローズ」に似てくるような感じなのですが…。共演は、「ブラッド・ダイヤモンド」(2006年)のジャイモン・フンスーが、他人の思考を操れるプッシャー、「ファンタスティック・フォー」シリーズでは、炎をあやつるヒューマン・トーチを演じてるクリス・エヴァンスが、テレキネシスで物を動かせるムーバー、他に一番下の写真のように、「紀元前1万年」(2008年)のカミーラ・ベルも出ていますが、彼女がどんな超能力を持っているか?はわかりません。撮影中国や香港で行なわれており、 ↓ 下の写真は、予知能力者のウォッチャーと、念動力者のムーバーが、香港の市場で初めて出会うところだそうです。子役から大人の女優へと成長する途中の14歳のダコタ・ファニングが、どのようにエスパーを演じて役の幅を広げているのか?!、楽しみですね。「PUSH/プッシュ」の新情報がリリースされれば、また、お伝えします!!
プッシュ-1
プッシュ-2
プッシュ-3
プッシュ-4

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中