落ち目のトム・クルーズが掟破りの「トップガン2」をスクランブル発進?!

トップガン-トム・クルーズ
あまり当てにならないイギリスの大衆メディアザ・サンが、トム・クルーズ1986年の大ヒット作トップガン」の続編トップガン2」を製作するプランがあり、トム・クルーズが主演のオファーを受けていると報じました。ザ・サンによると、「トップガン2」の企画は、最近の「ランボー 最後の戦場」(2007年)、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008年)といった、80年代ヒット・ムービーの復活人気に便乗し、企画されたもので、すでにシナリオのアウトラインも出来上がっており、トム・クルーズの返事を待って本格的に製作を進めるとしています。気になる、その続編のストーリーですが、トム・クルーズの主人公マーベリックは、前作の舞台だったパイロット訓練校トップガン・スクールのインストラクターになっていて、若い女性パイロットを指導し、特訓する内容だと伝えられています。オリジナルでは、訓練生のトム・クルーズと教官のケリー・マクギリスとのラブストーリーだったので、ナンだよ?!立場を入れ替えてるだけじゃん?!て感じですよね。また、「インディ・ジョーンズ4」が、あの、あり得ないオチを採用し、大ブーイングでスクリーンにポップコーンを投げつけられたのをヨシと思ったのか?!、「トップガン2」では、UFOとのドッグファイトを想定した訓練場面があるとのこと…。やっぱり、ザ・サンの記事はあまり信用できそうにないですね…。さらに、トム・クルーズについては、以前、ココでお伝えした、スパイ映画エドウィン・A・ソルト」の主演を、ギャラに不満足なトム・クルーズが降りたとか降りないとか言った記事が出たりしています。実際のところは、トム・クルーズは主演に決定しておらず降りる降りない以前の話だと、「エドウィン・A・ソルト」を製作するソニー・ピクチャーズのプロデューサーは、先読みしすぎのメディアを牽制しています。最近では、映画メディアよりも、芸能ゴシップ・メディアの方に、ヨメさんのケイティ・ホームズや、娘のスリちゃんとばかり登場し、ほとんど叶姉妹や、あるいは夫婦だけに林家ペー・パー?なんかと変わらない、何してんだか意味不明なタダの有名人に成り下がりつつあるトム・クルーズだけに、彼を揶揄するような記事が絶えないのでしょうね…。しかし、トム・クルーズ復活を期待させてくれる企画は今のところなさそうなので…せっかくだし、「トップガン2」、やっちゃいますか?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中