バットマン最新作「ダークナイト」が映画史上最高の名画第1位の座まで強奪し、社会現象化の事件に!!

バットマン-ダークナイト-ランキング
は、あらゆる映画ランキングの中で、最も現実的に映画ファンの支持を反映していると信頼の定評がある、インターネット・ムービー・データ・ベース上でユーザーからの投票によりランキングが決定されている、歴代映画トップ250のリスト上位11位までのキャプ画です。ご覧のように、アメリカ18日(金)に公開され、初日6,640万ドル以上の驚異の興行新記録(ココ参照)を打ち立てた、バットマン最新作ダークナイト」(日本8月9日公開)が、23,611票の平均値で、9.5点をマークし、歴代映画第1位の座に着いてしまいました!!、初日のご祝儀票や、公開直後の人気などにより、たまたま第1位になったんだろうと軽く考えられる方もいるかもしれませんが、過去およそ10年間以上第1位だけはゴッドファーザー」(1972年)のずっと指定席となっていて、どれだけ新作映画が人気を集め映画ファンから支持をされて新記録の大ヒットになろうともここで第1位になることだけは不可能でした!!、それを成し得てしまったバットマン最新作「ダークナイト」は、単純にヒーロー・アクション映画として記録破りの大ヒットではなくて、その出現が事件と考えられる社会現象化しつつある映画と位置づけを正さざるを得なくなってきています。興行や宣伝の専門家は、今後、「バットマン/ダークナイト」が、なぜこのような旋風を巻き起こすことが出来たのか?!、同映画の戦略や、社会との接点などを吟味する必要がありそうです。恐らくは、今後、投票数が増えるにつれ、ポイントは下がり、「ダークナイト」は再び、トップの座をゴッドファーザーに返上するでしょうが、トップ10圏内には止まり、映画史上の名作として、後世に名を轟かせそうです。ところで、上位11位ぶんと中途半端なのは、第11位黒澤明監督の「七人の侍」が入っていることを知っておいてほしかったからです。また、ほかの映画は英語の題名でもわかるけど、第5位の「Buono, il brutto, il cattivo, Ilってナニッ?!と思われた方もいるかもしれませんが、これはクリント・イーストウッドの「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」(1966年)のイタリア語題名です。映画ファンが選ぶ、真の人気ランキングでは上位にあがるマカロニ・ウェスタンですね。で、↓ バットマン最新作ダークナイトのポスターに、またジョーカーがイタズラしちゃった、ジョーカライズ版のポスター。本作のポスターは、どれもアートみたいで素晴らしいです!!
バットマン-ダークナイト-ジョーカライズ・ポスター

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中