カプコンの大ヒット・ゲーム「ロストプラネット」をワーナー・ブラザースが映画化!!、主演はイ・ビョンホン?!

ロストプラネット
5月ココで、カンヌ映画祭に参加した、カプコン辻本春弘社長が、経済ニュースのブルームバーグに、「ハリウッドのメジャー・スタジオとの間でゲームの大作映画化の企画がある」と明かしたことを伝えましたが、ワーナー・ブラザースが、カプコンの大ヒット・ゲームLOST PLANET / ロストプラネットを映画化すると発表し、どうやら、辻本社長が言っていたのは、この件だったようです。「ロストプラネット」は、日本では2006年末から、アメリカでは2007年1月から、それぞれ発売され、大ヒットになっているシューティング・ゲームです。物語は、極寒の星入植しようとする人間と、原住生物エイクリッドとの闘いを描くもので、未知のエネルギー資源の奪い合いがテーマになっています。ワーナー・ブラザースは現在のところ、脚本を、「X-メン」シリーズの「」と「」や、「ハムナプトラ」シリーズのスピンオフ「スコーピオン・キング」(2002年)などを執筆したデヴィッド・ヘイターが担当するというだけで、具体的な製作の予定などについては発表していません。「ロストプラネット」は、ゲームの主人公のキャラクター韓国のスターイ・ビョンホンがモデルとして起用されていますが、そのイ・ビョンホンは現在、ハリウッド進出に成功し、パラマウント映画の2009年夏のアクション超大作G.I. ジョー/ライズ・オブ・コブラ」に、人気のニンジャ・キャラクターストームシャドウという重要な役で出演しているので、もしかすると、ゲーム同様に、イ・ビョンホンがこのハリウッド映画版ロストプラネットでも主演するという可能性があるかもしれません。ちなみに脚本のデヴィッド・ヘイターは俳優としても活躍しており、コナミの人気ゲームメタルギアソリッド」の主人公ソリッド・スネークの声優をつとめていることで有名です。また、カート・ウィマー監督による「メタルギアソリッドの映画化の脚本も書いています。なので、デヴィッド・ヘイターは、ひとりでカプコンとコナミを股にかけている訳ですが、2009年に公開される予定の「メタルギアソリッドのデキを観れば、自ずと「ロストプラネットの完成度も想像できるかもしれません。しかし、カプコン20世紀フォックスにより映画化の「ストリートファイター/春麗の伝説」(2009年2月アメリカ公開)が、ギークなマインドに欠けると早くも失敗視され始めているので、相手がハリウッド・メジャーとは言え、安心せず、しっかりとロストプラネットの進展を監視した方がいいでしょう
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877161950

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中