「エイリアン」のシガニー・ウィーバーが、リドリー・スコット監督によるシリーズ最新作でリプリーに復帰?!

エイリアン-シガニー・ウィーバー
シガニー・ウィーバーピクサー・アニメのアンドリュー・スタントン監督が、偉大なSF映画の先輩エイリアン」(1979年)に敬意を表したいからと、自身の最新作WALL・E / ウォーリー」(日本12月公開)に声の出演をしてもらったシガニー・ウィーバーが、芸能情報誌の“OK! マガジン”の取材の中で、「エイリアンシリーズへ復帰の意志があることをほのめかしました。シガニー・ウィーバーは、これまでも何かにつけ、「エイリアン」復帰を語っているので、もう、あまり誰も耳を貸さないのですが、今回は、オリジナルのリドリー・スコット監督も共にその気であると語り、来年2009年が、「エイリアン第1作から30周年にあたるため、シガニー・ウィーバーのコメントが本当か?真偽のほどが少し注目されています。が、一方、シルベスター・スタローンが「ランボー 最後の戦場」(2007年)、ハリソン・フォードが「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(公開中)と、それぞれレトロなシリーズを復活させ、大成功したので、シガニー・ウィーバーは、負けじと自分も…と刺激されただけとの冷めた見方もあります。「エイリアン」シリーズでシガニー・ウィーバーが演じたリプリーは闘うヒロインの草分け的キャラクターとして、誰もが敬意を抱いていますが、果たして、冷凍睡眠で若さを維持している訳でもない、もはや58歳となり、、左上の写真のような格好はできそうもない、シガニー・ウィーバーのリプリーを、今さらファンが観たいか?!疑問です。先の「インディ・ジョーンズ4」も興行的には、確かに大成功ですが、65歳のハリソン・フォードの疲れた姿にガッカリの大勢の観客が、こんなインディ・ジョーンズなら観たくなかった…と、忘れようとしてるのと同じ悲惨なことにもなりかねません。加えて、シガニー・ウィーバーは、自分を差し置いて、エイリアン・ハンターにプレデターを起用した20世紀フォックスは、シリーズを低俗なものに堕落したと、同社を批判し続けているだけに、20世紀フォックスが彼女をシリーズに復帰させるか?!も微妙です。この件に今後の進展はなさそうに思うのですが、シガニー・ウィーバーの言うように、もしリドリー・スコット監督が新しいエイリアンのアイディアを本当に持っているのならそれは楽しみだと思うのですが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中