「ヘルボーイⅡ:ゴールデンアーミー」の動画と、ギレルモ・デル・トロは「ホビット」やめて「フランケンシュタイン」?!の衝撃発言!!

http://www.movieweb.com/v/V08F1hmowyFIKM
ヘルボーイⅡ-ゴールデンアーミー上の最新作ヘルボーイⅡ:ゴールデンアーミー」(アメリカ7月11日公開)の動画は、とりあえず、ご覧いただくとして、本作の監督ギレルモ・デル・トロ最新情報をお届けします。ギレルモ・デル・トロが、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのプリクエールホビット2部作を、これから4年間かけて作ることは、これまで何度もお伝えしていますが、この「ヘルボーイⅡ:ゴールデンアーミー」のプレミア上映のインタビューで、ギレルモ・デル・トロは「『ホビット』は必ずしも2部作とは決まっていない…」と、もしかすると「ホビットの2本めは作らないかもしれない?とも解釈できる驚きの発言を行い、代わりに「ホビット」後の企画として、新たにフランケンシュタイン」について語りました。「フランケンシュタイン」はギレルモ・デル・トロが以前から興味を持っている企画です。昨2007年末にギレルモ・デル・トロは、ケネス・ブラナーが監督し、ロバート・デ・ニーロがモンスターを演じた「フランケンシュタイン」(1994年)について、「フランク・ダラボンの脚本は良かったがケネス・ブラナーが失敗した…」と発言したことから、その同じフランク・ダラボンの脚本をベースに、ギレルモ・デル・トロがフランケンシュタインを撮り直すのではないか?!とウワサされていたのですが、どうやら、それを実現に向け本格化していくようです。となれば、気になるモンスター役の俳優ですが、ギレルモ・デル・トロはその場で、「すでにモンスターは、「ヘルボーイシリーズで半魚人のエイブ・サピエン( ↓ 写真下)を演じているダグ・ジョーンズに決めている」と断言しました。ギレルモ・デル・トロは「フランケンシュタインのモンスターのデザインで気に入っているのはバーニー・ライトソンが描いたモンスターだけダグ・ジョーンズはバーニー・ライトソンのモンスターを体現できる」とし、すでに「ホビット」でシルヴァン・エルフの王に配役したと言われるダグ・ジョーンズへの厚い信頼を表明しています。ダグ・ジョーンズは、ギレルモ・デル・トロの代表作パンズ・ラビリンス」(2006年)でも、モンスターのような牧羊神パンを演じています。バーニー・ライトソン-フランケンシュタインちなみにギレルモ・デル・トロが引用したバーニー・ライトソンは、映画界では、アニメヘヴィメタル」(1981年)や「ゴーストバスターズ」(1984年)、最近では「ミスト」(2007年)などのクリーチャー・デザインで知られる、多数のホラー系コミックを手がけてきたイラストレーター・画家で、そのバーニー・ライトソンが1983年に発表した「フランケンシュタイン」のモンスターのイラスト(右→)は、過去のどのフランケンシュタイのモンスターにも似ておらず、その独創性も含め、フランケンシュタイン史上最高のモンスターと評されています。ギレルモ・デル・トロは、「ホビット製作の4年間の傍ら、「フランケンシュタインの企画開発を並行して進めると語っていますが、万一、「ホビット」の2本めが製作されない、またはギレルモ・デル・トロが監督しないとなった場合は、もう少し早まるのかもしれません。しかし、「ヘルボーイ」のファンとしては、「フランケンシュタイン」よりも、ネオ・ナチ軍団とヘルボーイが壮絶すぎる闘いを展開する、とんでもない超アクション巨編にするとギレルモ・デル・トロが予告してる「ヘルボーイ3」を先に撮ってくれた方がうれしいんですけど…。さて、ひとまず軽く流してしまった「ホビットの2本めについてですが、ギレルモ・デル・トロが慎重な態度に発言を切り替えたのは、映画ロード・オブ・ザ・リングシリーズの第1作め(2001年)へつなげるオリジナル・ストーリーの部分の開発に関して、様々な方面から難しい課題(ファンの反発や、相変わらずの著作権上の法律問題)が浮上しつつあるからのようです。自由にやりたいギレルモ・デル・トロは、ちょっと「ホビットがウザくなってきたのかもしれません…。「ホビット」は気長に見守っときましょう。
ヘルボーイとエイブ・サピエン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中