バットマン最新作「ダークナイト」映画冒頭5分間の動画とクリスチャン・ベールがバットマンを辞める理由!!

http://www.iklipz.com/flashplayer/FLVPlayeriKlipz.swf?configFile=http%3A//www.iklipz.com/flashplayer/servers.xml&streamName=9347bfd9-5518-46e1-9f76-689505c17bf0&movieID=650c07ac-6d27-4b3d-986d-732c5a770a45&photoName=d262785a-de57-498f-bf9c-2d841739e2f4.jpg&isFullScreen=false
バットマン-ロビン8月9日に日本公開となるバットマン最新作ダークナイト」の映画の冒頭5分間の動画です。「プリズン・ブレイク」のファンの人にはうれしい、マホーン捜査官(ウィリアム・フィクトナー)と、ヒース・レジャージョーカーとの対決が観られます。しかし、ウィリアム・フィクトナーの出番がこれだけだと、ちょっと物足りない気がするのですが…。ところで、インターネットで飛び交っている、「ダークナイト」の続編となる「バットマン3」に、バットマンの助手ロビンが登場するというウワサについて、マスコミから聞かれた、バットマンの正体ブルース・ウェインのクリスチャン・ベールは、「もしロビンが登場することになれば僕が立ち去るだけ…」と、ロビンを出すなら、バットマンを辞めるという、断固とした拒否を示し、現在のクリストファー・ノーラン監督による「バットマンシリーズには、絶対にロビンは出てこないことを宣言しました。バットマンの助手ロビンが、このように徹底的に嫌われるのは、その存在が、「仮面ライダー」の少年ライダー隊と同じぐらいバカバカしいだけでなく、ロビンのピチピチタイツ半ズボンというコスチュームが、ゲイのファッションを思わせることから、今や、ロビンはゲイの代名詞的キャラクターとなっており、ロビンが登場した「バットマン・フォーエヴァー」(1995年)のヴァル・キルマー不人気から、たった1作でバットマンのコスチュームを脱がされ、続いて、ジョージ・クルーニーがバットマンを演じた「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年)では、バットマンとロビンをゲイのカップルと解釈した、サイテー映画の祭典ラジー賞は、ふたりをワーストスクリーンカップル賞にノミネートし、シリーズは終止符を打たれる結果となってしまいました。ロビンを登場させたことで、ゲイとカミングアウトしたも同然とウワサされたジョージ・クルーニーも気の毒でしたが、ロビンを演じた、当時、売り出し中クリス・オドネルはその後、キャリアが伸び悩みスターになることは出来ませんでした。ですから、クリスチャン・ベールがそんなロビンを自分のバットマンに出す訳はないですね。しかし、最初にロビンのキャラクターをデザインした人は、どうして半ズボンにしちゃったんでしょう?!ヒロイン・キャラがとかくミニスカートなのと同程度の発想です。
バットマン-ダークナイト-ジョーカー
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877165253

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中