イタリアン・ホラーの神、ダリオ・アルジェント監督が最新作「ジャッロ」の写真を自ら公開!!

ダリオ・アルジェント-ジャッロ-2
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-ポスター-2すでにココココで、撮影の様子の写真などを伝えてきた、ダリオ・アルジェント監督(↑写真上左)の最新作「ジャッロ」ですが、ダリオ・アルジェント監督が自分のブログで、新たに写真を公開してくれたので、ご覧ください。本作は、エマニュエル・セニエ(「潜水服は蝶の夢を見る」2007年)のが、連続変態殺人鬼のジャッロ(イタリア語で黄色)に誘拐され、エイドリアン・ブロディ刑事と共に、ジャッロを追いつめ、妹を救おうとするサイコ・スリラー映画です。当初はジャッロを、ヴィンセント・ギャロ(「バッファロー’66」1998年)が演じるというダジャレに加え、刑事はレイ・リオッタ、被害者の姉を、アルジェントの娘で、「女はみんな売春婦として生き様を見せろッ!!」がモットー過激なお嬢さまアーシア・アルジェントという、そいつらひとりでも濃すぎるだろッ?!というコテコテなキャスティングでしたが、撮影前にヴィンセント・ギャロが、「レイ・リオッタもアーシアもうざいッ!!」とキレて辞めてしまい、それからキャスティングが狂った結果、エイドリアン・ブロディ&エマニュエル・セニエという、風格ある名優同士のキャスティングに落ち着いたという、不幸中の幸いすぎるオチとなりました。で、肝心の連続変態殺人鬼ジャッロですが、ようやく、バイロン・デイドラ(Byron Deidra)というド新人が演じることがわかりました。この人の写真は公開されていないのですが、ダリオ・アルジェント監督自身による本作の解説では、「ジャッロは美女だけを狙い監禁しては徹底的に拷問で痛ぶりまくり美女を破壊していくデス・マシーンジャッロがなぜそんなことをするか?!というとそれは彼の顔があまりにも醜いからなんだよ」と述べており、もしかすると、とんでもない素顔の人を、どこかから発掘してきたのかもしれません。ついでに、どうしてジャッロをわざわざ、連続殺人鬼ではなく、あえて、連続「変態」殺人鬼と紹介してるか?の意味もわかってもらえましたよね。いずれ、ジャッロの正体がわかれば、ネタばれにならない範囲でお知らせしますが、しかし、自分では色男だと思っているヴィンセント・ギャロは、さっきのアルジェントの設定を聞いて、「醜すぎる顔ッ?!おいッ俺はそんなこと聞いてねぇよ!!」と、怒って辞めちゃったのかもしれませんね(笑)。左上は本作のポスターです。続きを読むの後にも、写真をあげているので、ご覧下さい。「ジャッロ」は海外では、早い国は2009年元旦から公開元旦初日の朝1回目にこの映画を観にいく愉快な仲間たちの面を拝んでみたいですね!!
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-3
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-1
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2489889&pid=877162887
「ジャッロ」の写真はこちら → 


ダリオ・アルジェント-ジャッロ-5
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-6
        この白いジャケットのオッサンがジャッロっ臭くないすか?? ↑
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-7
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-8
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-9
ダリオ・アルジェント-ジャッロ-4

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中