ケイト・ウィンスレットの歌が上手すぎる、アニメ「クリスマス・キャロル」のプロモーション・ビデオ!!


クリスマス・キャロル-アニメイギリスの文豪チャールズ・ディケンズの代表作「クリスマス・キャロル」を、2001年ジミー・テル・ムラカミ(「風が吹くとき」1986年)が監督して、アニメ化した「クリスマス・キャロル:ザ・ムービー」(←左)という映画で、ニコラス・ケイジらと共に、声優をつとめたケイト・ウィンスレットが、自分で歌った同映画の主題化ホワット・イフ」のプロモーション・ビデオです。以前、ココで、キーラ・ナイトレイ歌が上手すぎる件を伝えた後、彼女がオードリー・ヘップバーンの代表作のミュージカル映画マイ・フェア・レディ」(1964年)のリメイクに主演しそうだと、ココでさらに伝えましたが、このケイト・ウィスレットの素晴らしい歌に聴き惚れると、う~ん、「マイ・フェア・レディはケイト・ウィンスレットでもよかったんじゃない?!と、勝手にキャスティング・ディレクターの気分になって迷ってしまいます。ケイト・ウィンスレットは、こんなに歌えるんだったら、「タイタニック」(1997年)の主題歌の名曲マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を自分で歌えば、よかったのにね。最新作の「朗読者」(ココに写真)や、「リトル・チルドレン」(2004年)など、ちょっとひねくれた役が以前から好みのケイト・ウィンスレットですが、美貌だけじゃなく、この美声も活かせるロマンチック・ミュージカルの映画なんかも、今のうちに残しておくべきでは??、それにしても、音痴なのに歌手デビュー(ココ)してるスカーレット・ヨハンソンは、やっぱり立つ瀬がありません…。とまぁ、そんな悪口はおいといて、日曜の午後のひとときを、ケイト・ウィンスレットの歌で気持ちよく過ごしましょう
ケイト・ウィンスレット

やっぱり出たッ!!、パクリ映画のアサイラムの「デスレース」のパクリ「デスレーサー」!!

http://www.terrorfeed.com/flvplayer.swf
アサイラムーデスレーサーAVP2 エイリアンズVS.プレデター」のパクリエイリアンVSハンター」、「クローバーフィールド」のパクリモンスター」、、「アイ・アム・レジェンド」のパクリアイ・アム・オメガ」、そして「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(公開中)のパクリアラン・クォーターメイン/テンプル・オブ・スカルズ」などを紹介させてもらってきた、ひたすらパクリ映画だけを作るZ級映画プロダクションアサイラム最新作デスレーサー」が登場です!!、もちろん、言うまでもなく、これはジェイソン・ステイサム主演の近未来カーアクション映画デスレース」のパクリ。でも、リメイク映画の「デスレース」の元はB級映画の「デスレース2000」。なので、B級映画のA級リメイクのZ級パクリ!!という、何だか元の木阿弥みたいな笑える経路を経て、この「デスレーサー」は誕生してるのですが、あまりに予算なさすぎで、近未来じゃなくフツーに現在にしか見えません!!、しかし、いつもは本家の映画の公開直前に、レンタル店の棚に並び、カン違いセールスを狙う、せこいアサイラムですが、本作のリリースは9月23日と、「デスレース」の全米公開8月22日1ヶ月後です。映画製作に手間取ったのか?!、それとも、「もうDVD出てんじゃんッ!!」という新手のカン違いを誘う作戦に切り替えたのか?!、とにかく、ガンバレ!!アサイラム!!ココ本物デスレース」の予告編があるので、「デスレーサーがいかにチープかあらためて見比べてください!!
TSUTAYA online

「X-メン3」のブレット・ラトナーが映画監督の沽券にかけてメガホンをとったマイリー・サイラスの新曲「7シングス」のプロモ・ビデオ!!

http://vimeo.com/moogaloop.swf?clip_id=1383865&server=vimeo.com&show_title=1&show_byline=1&show_portrait=0&color=&fullscreen=1
マイリー・サイラス-ブレット・ラトナーとりあえず、どんな映画の企画にも初めは、「監督はブレット・ラトナーが予定されている…」などと、しょっちゅう書かれていたりする、ジャッキー・チェンの「ラッシュアワー」シリーズや、「X-メン:ファイナル ディシジョン」(2006年)で知られる、ハリウッドのA級映画監督のひとり、…としてだけでなく、マライア・キャリーなどのトップ・アーティストPVディレクターとしても有名なブレット・ラトナー演出した、ハンナ・モンタナマイリー・サイラスニュー・アルバムブレイクアウト」(Breakout)からのファーストカット・シングル「7シングス」(7 Things)のプロモーション・ビデオです。左上の写真でブレット・ラトナーのスケベ親父はちゃっかりと、かわいいマイリー・サイラス15歳からキスされてニヤついたりしてますが、出来上がったビデオを観たマイリーは、↓ 下の写真のように「オヤジィィッこんなの誰でも撮れるぜよーッ!!」と思っていそう…。ま、映画ファンの方は、ブレット・ラトナーならこんなもんか…、と逆の意味で納得できるかもしれませんね。次のマイリーのビデオはちゃんとしたビジュアル系の映像を作れるディレクターでお願いします。マイリー・サイラスのニュー・アルバムブレイクアウト」は、7日22日全米リリースです。
マイリー・サイラス-7シングス

オシッコしながら予告編が観れる香港の豪華?な映画館の写真!!

シネコン-香港-AMC-トイレ
シネコン-香港-AMC-ロビーアメリカの大手シネコン・チェーンAMC香港で経営してる7つのスクリーンがある同社のシネコン男子トイレの写真です。壁一面のポスター・アートも強烈ですが、オシッコしながら予告編を観せられるのがスゴイ!!予告編がおもしろいとオシッコが終わってもその場を離れたくないので混み合あってる時は大変?!なら、座ってユックリ観られそうですが、個室の写真はないので、確認できてません。香港に行かれる方は用足しついでに確認お願いします!!左上同じ映画館のロビーですが、トイレに負けず?きれいですね。↓ 便器の上に貼られていて、何気に気になるアンジェリーナ・ジョリー最新作ウォンテッド」の香港版ポスターですが、毎度のこととして、中国語圏の漢字題名は、日本人には変なニュアンスが感じられておもしろいです。超人的な殺し屋映画が殺神特工だなんて納得できるじゃないかッ!!日本では9月に大開殺戒です!!
ウォンテッド-殺神特工-香港版ポスター
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

大ヒット・ミュージカルの映画化「マンマ・ミーア」の写真を大公開!!

マンマ・ミーア-1
海外で7月から公開される、ポップ・ミュージックのスタンダード、ABBA(アバ)のヒット・チューンを網羅した大人気ミュージカルの映画化マンマ・ミーア」の写真です。ヒーロー映画やアニメばかりが注目されるサマームービーの中で、一般映画は埋もれた感があるのですが、本作は、元々、舞台のマンマ・ミーアの熱心なファンの方が大勢いるに加え、昨年、「へアスプレー」(2007)がヒットしたのに、後続のミュージカル映画がなかったことで欲求不満気味の「へアスプレーに感動した若い観客を引き継いで、意外なスマッシュ・ヒットになる可能性が予想されています。物語は舞台と同じく、結婚間近の主人公ソフィが、シングル・マザーのお母さんドナが昔、つきあった恋人3人のうち誰がお父さんかを突き止めるストーリー。ただし、使われるABBA(アバ)の楽曲は舞台版とは少し変え新たな魅力を、「マンマ・ミーア」ファンに訴えかけています。主人公のソフィは、これまで映画とテレビを行ったり来たりで、あまりチャンスのなかったアマンダ・セイフライドですが、すでに撮影している次回作も、大ヒット映画JUNO/ジュノ」(公開中)でアカデミー賞脚本賞を受賞したディアブロ・コディ新作ホラー・コメディジェニファーズ・ボディ」なので、本作に続き、注目されることになりそうです。お母さんドナはオスカー女優メリル・ストリープ音楽映画ミュージック・オブ・ハート」(1999年)が成功したように、意外に音楽ものに相性がいいメリル・ストリープだけに、ドラマにリアリティを持たせる名演技で、きっとまた泣かせてくれるのだと思います。3人のお父さんは、ピアース・ブロスナンステラン・スカルスガルドコリン・ファースです。監督は、舞台のオリジナルの演出家フィリダ・ロイドがあたっているので、ステージの感動がちゃんと再現されるはずココココ予告編ココにポスターがあります。日本公開日は不明ですが、楽しみで待ち遠しい作品です。続きを読むの後にも、写真をあげているので、ご覧下さい
マンマ・ミーア-2
マンマ・ミーア-3
HMVジャパン
トム・ハンクス製作マンマ・ミーアの写真はこちら → 

続きを読む

ちょっと気分転換に海外のオモシロ屋外広告をご覧ください!!

インスタレーションーアド-1
以前にココで、ニュージーランドのテレビ局が作った、クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」の映画宣伝の領域を超えた、現代アートインスタレーションと呼んだほうがふさわしい、スゴイ屋外看板を観てもらいましたが、それに似たタイプ海外のおもしろい屋外広告を集めてみました。映画ネタじゃなくて、恐縮ですが、眼を楽しませてもらえる点は同じということで、にんまりとご覧になってください映画の広告にも、ユニークで大胆な楽しいものが、もっと登場してほしいですね!!、しかし、↑ 鉄人ゴールキーパーオリバー・カーンボールは止められましたがさすがにクルマまでは停められないようです!!、下を通過するクルマの車内では、きっとドライバーはみんな、「      ルッ!!と叫んでいるはずです!!
インスタレーションーアド-2
↑ これがホントのレゴ・ビルだーッ!!と、レゴ愛好家レゴ・ビルダーに
  ひっかけたダジャレですよねッ!!
ウケル!!
インスタレーションーアド-4
↑ タバコ自分の健康だけじゃなく、周囲にも迷惑だよと解からせて、
  禁煙させようという魂胆ですね。
インスタレーションーアド-5
↑ 電車かバスの手すりですが、力持ちと誤解されたくない女性はつかまる
  のをためらうかもしれません…
。でも、よく思いついたね。
インスタレーションーアド-6
↑ ユーモアのある空手道場って入門しやすそう!!
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
ユーモア屋外広告で、もう少し笑ってください!! → 

続きを読む

中国の「ファインディング・ニモ」は潜水艦?!、少し無理を感じるアニメですが…。

Qian Ting Zong Dong Yuan-1
先月5月30日中国で封切られたアニメ映画潜艇总动员」のポスターです。英語で「Dive Olly Dive!」という題名もつけられているのですが、元の中国語題名を、鵜呑みで日本語に訳すと、「潜水艦全艦出動」とのこと。海底の世界のアニメは、別に「ファインディング・ニモ」(2003年)だけじゃないのですが、パッと見の印象で、どうしてもファインディング・ニモが思い浮かんでしまう色使いです。その「ファインディング・ニモ」を作ったピクサーも、「カーズ」(2006年)で、乗り物のクルマを擬人化していましたから、潜水艦でも理屈は同じですが、ちょっとメッタに乗ることもありませんし、と言うか、見かけることもないので、キャラにするのは、そもそもの親しみに欠ける無理さを感じてしまいます。そういったことを総合すると、やっぱり、「ファインディング・ニモカーズビートルズイエロー・サブマリン??という、寄せ集め的なパクリ臭がムンムン漂ってしまうのですが、女の子の潜水艦の潜望鏡にリボンがついてるあたりは、キン肉マンのおでこにと書いてるに等しいわかりやすさで、この単純センスはスキですね。中国語でどんな声で話すのか?!、ぜひとも映画を観てみたいのですが…。CGアニメのデキも悪くなさそうですよね?!
Qian Ting Zong Dong Yuan-2Qian Ting Zong Dong Yuan-3
珍種発見!?∞エダマメ (レモンエダマメ)

「パニッシャー / ウォーゾーン」がキャラ・ポスターを4枚同時リリース!!

パニッシャー-ウォーゾーン-ポスター-3パニッシャー-ウォーゾーン-ポスター-2
パニッシャー-ウォーゾーン-ポスター-1パニッシャー-ウォーゾーン-ポスター-4
シリーズ最新作パニッシャー / ウォーゾーン」から、「ROME[ローマ]」のレイ・スティーヴンソンが、新たに主人公のパニッシャーに扮したキャラクター・ポスターが一気に4枚、リリースされましたが、似たような感じのポスターだったので、4枚、一気に並べてみました。個々のポスターはクリックで拡大されるので、じっくり観たい方は大きくして、ご覧下さい。今朝、ココで「SAW5」のジグソウの面の皮マスクのポスターを紹介しましたが、「パニッシャー / ウォーゾーン」で、パニッシャーが闘う敵の名前ジグソウです。元から原作コミックに登場してる宿敵悪キャラなので、別にパクリではありませんが…。ココに予告編があるので、ご覧下さい。本作は、アメリカでは今年12月に公開フランク・ミラーの「ザ・スピリット」と、ヒーロー映画対決の冬の陣となりそうです。
アツいぜ!ウマいぜ!兵士の給食!未来型、軍隊のレーション!【ミリメシ特集】
映画でも注目される軍用基準を満たした高品質ミリタリーアイテム!【ALPHA INDUSTRIES|アルファ・インダストリー】

多すぎるバットマンたちがバットマン同士で闘うバットルロワイヤル映画「バトル・オブ・ザ・バットマンズ」の予告編!!

http://blacktwnty.vo.llnwd.net.s3.amazonaws.com/o16/files/druport/assets/players/flow-213/FlowPlayerDark.swf?config=embedded:true,baseURL:'http://blacktwnty.vo.llnwd.net.s3.amazonaws.com/o16/files/druport/assets/players/flow-213',playList:[type:'jpg',url:'http://blacktwnty.vo.llnwd.net.s3.amazonaws.com/o16/newbuckets/customvideonode1057-6-27-2008/IMAGE.jpeg',name:'image',type:'flv',url:'http://blacktwnty.vo.llnwd.net.s3.amazonaws.com/o16/newbuckets/customvideonode1057-6-27-2008/VIDEO.flv'],initialScale:'fit',bufferLength:3,controlBarBackgroundColor:'#FFFFFF',showMenu:true,controlsOverVideo:'no',useHwScaling:true,useNativeFullScreen:true,autoBuffering:false,autoPlay:true,autoRewind:true,loop:false
マイケル・キートヴァル・キルマージョージ・クルーニー歴代バットマンたちに、現バットマンクリスチャン・ベールを加えた4人のバットマンたちが、「ゴッサムシティにバットマンは俺ひとりで充分だぜッ!!」と、他の邪魔なバットマンを始末しにかかるバットマンが豪華勢ぞろい夢の対決の映画バトル・オブ・ザ・バットマンズ」の予告編です!!、…とまぁ、もちろん、そんな映画ある訳ないので、パロディなんですが、相変わらず、おもしろいとこ突いてくれたのは、映画のパロディ予告編で有名なインターネット・テレビ局Black20.com です。同サイトを世界に知らしめた、ブロック・ゲームのテトリスをバトル・アクション映画に仕立て上げた予告編を、まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ、ココでご覧下さい!!、テトリスもそうですが、この「バトル・オブ・ザ・バットマンズ」も絶対映画化希望ですッ!!、そのバットマンの最新作ダークナイト」でも、実は ↓ 下の写真のようにバットマンが何人も出てくるのですが、こちらは偽バットマンたちなので、迫力あるバットルロワイヤルはできません。「ダークナイト」の日本公開8月9日2日(土)、3日(日)に先行ロードショーが行なわれます。
バットマン-ダークナイト-1
バットマン-ダークナイト-2
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

「ロストボーイズ/ザ・トライブ」のブサ怖いヴァンパイアの写真を追加!!

ロストボーイズ-1
今月初めにココで紹介した、1987年ヴァンパイア映画ロストボーイ」の21年ぶりの続編ロストボーイズ/ザ・トライブ」に登場の、ブサ怖いカリフォルニア・ヴァンパイアたちの写真がさらにあったので、追加しておきます。アイドル人気絶頂時前作に出演し、現在は「あの人はいま?的スターとして復活したコリー・フェルドマンヴァンパイア・ハンターとしてカムバックしているのですが、日本でも40代の映画ファンの方にとっては、かなり懐かしいのでは?!、本作はDVDスルーとしてアメリカで7月29日にリリース。すでに続編のウワサがあり、人気シリーズになりそうで、日本版DVDも出ると思うので、待っていましょう!!続きを読むの後に、ヴァンパイアたちの写真に加え、あらためて予告編をあげておいたので、ご覧下さい!!
ロストボーイズ-2
ロストボーイズ-3
トレンドマイクロ・オンラインショップ
ヴァンパイアたちの写真と予告編はこちら→ 

続きを読む