ジェームズ・ボンド最新作「007/ 慰めの報酬」の予告編を世界初公開!!、カッコいいーッ!!

http://www.traileraddict.com/emb/5303
今朝、ほんの13秒の映像を公開し、後1日だけ待ってくださいッ!!約束した、ジェームズ・ボンド第22作007/慰めの報酬」の予告編解禁日である6月30日アメリカの日付けが変わったので、早速ご覧下さい!!これが本物の007/慰めの報酬の予告編ですッ!!、ジェームズ・ボンドを演じてるのは、もちろん前作「カジノ・ロワイヤル」(2006年)で、今まで観たことのないハードでワイルドなジェームズ・ボンドを演じ、007のイメージを革新して魅せたダニエル・クレイグ!!、本作は007映画史上、初めて、前作「カジノ・ロワイヤル」からストーリーを引き継ぐ続編スタイルをとり、ボンドは「カジノ・ロワイヤル」のラストで失った最愛の恋人ベスパーへの深い哀しみを抱きながら、彼女の命を奪った組織への復讐と、新たな陰謀との闘いに挑みます!!、果たして世界を舞台に銃弾と流血をかいくぐるボンドが手にする慰めの報酬とは…ッ!!、というのがタイトルの暗示してるところです。ボンドガールはウクライナ出身のファッション・モデルから女優に転身し、人気のオムニバス映画「パリ、ジュテーム」(2006年)で、一度、観たら忘れられないヴァンパイアを演じたオルガ・キュリレンコと、デビュー作の学園コメディ「セント・トリニアン」(2007年)でいきなり大ブレイクした、イギリスの新人女優ジェマ・アータートンです。環境ビジネスを隠れ蓑に、国際的陰謀を展開し、ボンドを危険に落とし入れる悪役ドミニク・グリーンを演じるのは、「潜水服は蝶の夢を見る」(2007年)の名優マチュー・アマルリック監督は、ジョニー・デップの「ネバーランド」(2004年)や、ハル・ベリーアカデミー賞主演女優賞を得た「チョコレート」(2001年)、そして、名作「君のためなら千回まで」と、ドラマ映画の名匠マーク・フォースターが、007はコレ1本だけ!!との断りつきで、メガホンをとりました!!、そのため、アクションだけでなく、ドラマ展開人物描写など、あらゆる点で、「007映画」としてはもちろん、それ以上に映画としての名作を目指している、この最新作はシリーズ最高傑作になるとの呼び声が高く、絶対に見逃せない作品です!!、公開はまず、ボンドが仕える女王陛下の国イギリスでの世界最速10月31日封切りのあと、予告編の最後にカッコよくロゴが並ぶ11月7日アメリカほか諸外国で公開日本は満を持して、2009年お正月第2弾ロードショーです!!、もういくつ寝るとジェームズ・ボンドに会えるんでしょうか?!
007-ジェームズ・ボンド-慰めの報酬
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中