「ヘルボーイⅡ:ゴールデンアーミー」の予告編最終版と動画3本、そして銀行強盗を計画していたギレルモ・デル・トロ!!

http://www.traileraddict.com/emb/5297
ヘルボーイ2-ギレルモ・デル・トロ7月11日アメリカ公開に先がけ、昨日28日(土)のに、ロサンゼルス映画祭プレミア上映された、ギレルモ・デル・トロ監督(写真)の最新作ヘルボーイⅡ:ゴールデンアーミー」の予告編の最終版(↑上)と、映画からのちょっとユニークな場面の動画をまとめて3本(↓下)、ご覧下さい。ギレルモ・デル・トロ監督は、そのロサンゼルス映画祭でのインタビューで、「もし映画監督にならなかったら絶対に銀行強盗になってたね」と、おもしろい告白をしています。ギレルモ・デル・トロは、「カタ苦しい組織や弱い者イジメの弁護士といった自分たちは尊敬されるべきとカン違いしてる奴らが大ッキライなんだ銀行はそういう権威の象徴みたいな感じがあるからひと泡ふかせてやろうとよく銀行強盗の計画を考えていたよ」と語り、「でも銀行強盗の計画を練る作業にはクリエイティヴさが必要だと気づいた緻密なプランを練りそれを実行できる連中を見抜いて集め彼らをまとめあげるそしてガッポリと金を儲けて…と言い替えたら現在もそれと同じことをやってるよね映画監督ってそういう仕事だよそして権威ギライの反社会的な怒りは映画の中に込めて表現することにしたんだ」と結んでいます。銀行強盗と映画監督を同一に例えるのは珍しいですが、ギレルモ・デル・トロ監督の過去の作品、「デビルズ・バックボーン」(2001年)、「パンズ・ラビリンス」(2006年)、そして、この「ヘルボーイ」シリーズと、通してご覧になられてる方には、このギレルモ・デル・トロの言葉は、それらの作品の根底に共通して流れるスピリットとして、容易に理解できたのではないでしょうか。そんなギレルモ・デル・トロの個性が、これから作られる「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのプリクエール「ホビット」の世界と、どのように融合していくのか?、とても楽しみですが、それに関して、ギレルモ・デル・トロはすでにヘルボーイこと、ロン・パールマンを「ホビット」に出演させると発言していますが、さらに「ヘルボーイ」から、水棲人のエイブ・サピエンを演じてるダグ・ジョーンズ中つ国に呼び寄せるつもりだそうです。いよいよ、ピーター・ジャクソンロード・オブ・ザ・リング」から、ギレルモ・デル・トロのホビット」へと、映画の個性が変わりつつあるようです。ついでに、エリザベス・シャーマンのセルマ・ブレア姐さんの役も作ってくれないでしょうか?!、でないと、タダでさえ出演作少なすぎの尊敬するセルマ・ブレア姐さんの新作を観れる機会がありません!!
ロボットのことなら、ツクモにお任せ!
トイザらス オンラインストア




ヘルボーイ2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中