ニコラス・ケイジがスクリューで片腕切断する「バンコク・デンジャラス」のやりすぎなアクション場面!!

http://www.traileraddict.com/emb/5170
ニコラス・ケイジ-バンコク・デンジャラス-スモールゴースト・ハウス」(2007年)でハリウッド進出した、タイで活躍の香港人兄弟監督オキサイドダニーパン・ブラザースが、ニコラス・ケイジ主演に迎え、自分たちの出世作レイン」(原題は「バンコク・デンジャラス」/1999年)をリメイクした、ハリウッド映画第2弾の「バンコク・デンジャラス」からリリースの過激アクション場面です。ニコラス・ケイジにとっては、1997年ジョン・ウー監督の「フェイス/オフ」に続き、アジア人監督のハリウッドでの成功に力を貸す形ですが、オリジナル不幸な運命を背負った青年の殺し屋に惚れていた女性ファンは、リメイクで、主人公が中年のニコラス・ケイジに変わっているのは許せないかもしれません。ニコラス・ケイジの殺し屋ジョーと、アンジェリーナ・ジョリー殺し屋フォックス(「ウォンテッド」)では、どちらの射撃がスゴイか?!、勝負が観てみたいですね。「バンコク・デンジャラス」の公開は、ヨーロッパでは8月からで、アメリカ9月から。パン兄弟の映画は、とりあえず日本では公開されてきているので、当然、ニコラス・ケイジ主演の本作も公開されると思います。ココにスペイン語版の予告編があります。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中