トム・クルーズの名作をギュギュッと8分間につめた25周年記念ビデオ!!

http://www.movieweb.com/v/V08FqxzFIMRUWY
1981年に、日本でもヒットしたブルック・シールズ主演の「エンドレス・ラブ」の脇役でデビューした時点から数えれば、27周年のはずだけど、自分が主役でない映画をのぞいて、1983年初主演作卒業白書」から数えれば、25周年だよね?!という、独自の「トム・クルーズ歴」の数え方により、25周年記念キャンペーンを展開しているトム・クルーズが、「卒業白書」以前の主演じゃない映画まで含めて(アレ?)、「トム・クルーズ25周年記念サイト」で公開しているダイジェスト・ビデオです。こうして振り返ると、やはり、トム・クルーズがいかに素晴らしい俳優であり、それぞれの作品で楽しませて来てくれたことかと感銘を受けますが、なのに、その25周年記念の主演作が公開されないというのは、寂しいかぎりです。本来なら、この週末あたり、アメリカの映画館を賑わせているはずだった、主演の戦争映画ワルキューレ」は内容の不備で公開が先送りされてしまい、このまま行くと、今年25周年のトム・クルーズのスクリーンでの活躍は、ベン・スティラー戦争コメディトロピック・サンダー」での、ハゲでデブでチビに扮装した…、あ、チビは元からか、…映画会社のサイテーな重役を演じたカメオ出演だけになってしまいそうです(日本では「大いなる陰謀」が今年、公開されてますが、アメリカでは2007年の映画)。戦争映画で飾るつもりだった25周年が、戦争コメディになっちゃったという、笑えないオチな訳ですが、でも、もしかすると現在、製作中らしい、トッド・フィリップス監督(「スタスキー&ハッチ」2006年)のコメディ映画メン」(Men)が、今年中に間に合うのかもしれません。まだオスカーを一度も手にしていないだけに、トム・クルーズは、ベッカムサッカー観戦ばっかり行かないで、まだまだ映画にガンバッてほしいと思います。「トム・クルーズ25周年記念サイト」を訪れたい方は、↓下トムの横顔をツンとクリックしてあげてください。
トム・クルーズ-バナー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中