ガキっぽさのカケラもないクールな「ターミネーター」のポスター!!

ターミネーター-アラモ・ドラフト・ハウス
昔のアメリカのキャバレー風に、ステージの歌や踊りを眺める感覚で、ウェイトレスアルコールやフードをオーダーし、それをテーブルで飲み食いしながら、映画を楽しめるという、独特のスタイルの名画座からスタートした、テキサスカリスマ的な映画館アラモ・ドラフトハウス・シネマが、第1作の「ターミネーター」(1984年)をリバイバル上映することになり、新たにデザインしたオリジナル・ポスターです。先日、ココの「ターミネーター4」のポスターの記事で、過去のトリロジーのポスターを少し振り返りましたが、本家のデザインがフツーに、アーノルド・シュワルツェネッガーターミネーターをアピールしてたのに対し、このアラモ版では、ターミネーターの銃から照射されたレーザーポイントが、リンダ・ハミルトン眉間に狙いをつけたスリリングな瞬間をダークに表現し、フィルム・ノワールのようなムードを醸し出しています。アラモ・ドラフトハウス・シネマは、このようなオリジナル・ポスターが名物となっており、コレクターもいます。このポスターを壁に貼りたい方はコチラ着て歩きたい方はコチラです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中