最新リメイク版「13日の金曜日」がジェイソン家の家宝ホッケーマスクを公開?!

http://www.mtv.com/player/embed/wp/
トランスフォーマー2」(ココに写真)を撮影中のマイケル・ベイ監督の製作会社プラチナム・デューンズが、誰も頼んでいないのに、変な使命感に駆られ、リメイクしているホラー映画13日の金曜日」から、初めて公開された動画です。冒頭に出て来る女優は、テレビ・シリーズ「The O.C.」でセス(アダム・ブロディ)のオバサンだったアマンダ・リゲッティです。この動画の最大の見せ場?は、「なんでも鑑定団」にでも出品するつもりか?、仰々しい搬送用のトランクに高価な美術品のように収められた、殺人鬼ジェイソンのトレードマークのホッケーマスクを見せてくれるところですが、オリジナルの「13日の金曜日」(1980年)のファンの方は、あれッ?第1作めではジェイソンはホッケーマスクの殺人鬼ではなかったはず?!、と気づかれたのでは?、本作のプロデューサーブラッド・フラーによると、このリメイク版では、オリジナルの1作めから3作めまでの物語をまとめて(まとめるほどストーリーあったっけか?)、殺人鬼ジェイソンの誕生を描くとのことです。そういった趣旨から、本作には、ナンと、ジェイソンがホッケーマスクをつけて殺人鬼に変身するという身支度の場面があるそうです!!、が、しかし、ジェイソンが鏡の前で、いそいそと殺しにお出かけの用意と言うのもなぁ…、ちょっとズッコケちゃう可能性もありそうですね。ホッケーマスクの着用に手間どって、獲物を逃さなければいいのですがッ!!、そんな身だしなみに気をくばる新ジェイソンは、動画の最後に出てくる、デレク・ミアーズ(「ヒルズ・ハブ・アイズ2」2007年)です。最新版13日の金曜日」の公開は、アメリカでは2009年2月13日ハッピー・バレンタイン前日の13日の金曜日公開!!、日本ではGW映画でしょうか?!、ところで、先のプロデューサー、ブラッド・フラーは、プラチナム・デューンズが次にリメイクする、ロマン・ポランスキー監督とミア・ファロー古典名作ホラーローズマリーの赤ちゃん」(1968年)について、「俺たちがやらなければ誰がやる?!他の連中がやっても失敗するのがオチだろ?だから俺たちがやるんだよ」と、プラチナム・デューンズの人間特有の思い上がり発言で、またヒンシュクを買ってるばかりか、「ストーリーは親会社の映画スタジオの都合によって、いくらでも変える可能性がある」と、ピントはずれなことを自慢気に語り、あまりの彼らの幸福ぶりに世間は呆れています…。プラチナム・デューンズがリメイクに走りオリジナル映画を作ろうとしない理由の背景はその辺にありそうです。ボスのマイケル・ベイがナルシストだし、仕方ありませんね…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中