Youtube で問題視のキレるサラリーマンの暴力動画はアンジェリーナ・ジョリーの「ウォンテッド」の宣伝だった!!

http://embed.break.com/NTEzMzEw
↑上の、突然気が狂ったように同僚に暴力をふるい暴れ出すサラリーマンオフィスを修羅場と化していく動画は、Youtubeなどの動画サイト投稿されていたのが、今週、世界中の人たちから発見され、いったい何が起きたのか?!この監視カメラの映像の会社はどこなのか?!と、騒がれていたものですが、これが実は、アンジェリーナ・ジョリー最新作ウォンテッド」(日本9月27日公開)の監督ティムール・ベクマンベトフが、同映画の宣伝のために、口コミの話題作りとして、自ら監督し作ったやらせビデオらしいことがわかりました。動画をご覧になられても、アンジェーリーナ・ジョリーや、映画「ウォンテッド」につながるヒントは見つけられなかったと思うのですが、結局、誰にも映画の口コミ宣伝と気づいてもらえす、動画が流出モノの暴力ビデオとして一人歩きし、社会から問題視され始めたことで、ヤバイ!!と感じたティムール・ベクマンベトフが、自らのブログで、種明かしのヒントを出し、ようやく、この動画が現実の狂気の暴力事件ではなくアンジェリーナ・ジョリーの映画の宣伝であることが判明した次第です。ティムール・ベクマンベトフのブログは、彼の母国語のロシア語で書かれているため、まだ欧米のメディアでも詳細な経緯や、動画に込めた意味は正確につかめてませんが、監督本人から、いずれ謝罪のコメントなどが発表されるかもしれません。映画「ウォンテッド」は、まさに原作のコミック・ブックをそのまま映像化したような、過剰なアクション描写がウケて、期待を集めていましたが、このタチの悪いイタズラのような、モラルに欠ける、人を不安にさせた暴力ビデオはやりすぎと、翻って、映画の前評判にケチをつける結果となってしまいました。恐らくは、この動画を見た人が、↓下予告編の中で、同僚に暴力をふるうジェームズ・マカヴォイの姿を連想してくれることを期待したのでしょうが、それを世間一般に求めるのは、ちょっとムシがよすぎました…J・J・エイブラムス製作のモンスター映画クローバーフィールド」(2008年)が、インターネットで謎めいた情報を流し、それを口コミで広めたバイラル・マーケティングで、映画館を満員にしたことから、第2第3のクローバーフィールドを目指して、いろんな映画が、ヴァイラル・マーケティングにチャレンジしてきましたが、ほとんどはセンスがなく、失敗に終わっています…
↓ティムール・ベクマンベトフ監督とアンジェリーナ・ジョリー
ウォンテッド-アンジェリーナ・ジョリー
ウォンテッド予告編-オフィスのカットに注目
http://www.traileraddict.com/emb/4532

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中