名匠スサンネ・ビアがヒュー・グラントとチャン・ツィイーでラブコメ??

ヒュー・グラント-チャン・ツィイーロスト・フォー・ワーズ
48歳になっても、ひたすら恋愛し続けるラブコメ王子さまヒュー・グラント新作ロスト・フォー・ワーズ」(Lost for Words)のヒロインチャン・ツィイー起用され、監督アート系ドグマ映画の「しあわせな孤独」(2002年)で知られるデンマークの名匠スサンネ・ビアがつとめることで、異色の国際的な組み合わせ話題になっています。「ボラット」(2006年)のダン・メイザー他がシナリオを手がける本作は、ヒュー・グラント演じる俳優が、映画の中で出演している映画監督チャン・ツィイーにベタ惚れしてしまいますが、中国語話せないので、通訳越しにしか会話ができず気持ちを伝えられない…というラブコメ…までだったら、けっこう単純なんですが、その肝心な通訳がヒュー・グラントに惚れてる!!ことから、期せずして三角関係のサスペンスがッ!!という、おもしろい展開みたいですね。誰がその微妙な通訳役を演じるのかは発表されていませんが、起用される俳優次第で、映画のタッチが決まりそうです。早くもニュースを聞いた欧米のアート志向の映画ファンの間には、なんでスサンネ・ビアがヒュー・グラントのお手軽ラブコメをしかも、「ボラットの脚本家と撮らねばならないのか??、と、ミスマッチすぎる映画当惑落胆の声があがっているようですが、チャン・ツィイーのファンとしては、美しい彼女が観られるのなら何でもOKですッ!!、しかし、映画の中の監督チャン・ツィイーが、ドグマの純潔の誓いを守ってるような作家ならばなかなかガードは固いかもしれません??、撮影開始や公開日などの詳細はまだ未定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中