ウィル・スミスの「ハンコック」が完成のメド立たないままテレビスポットをオンエアー?!

http://www.movieweb.com/v/V08E68mvxADNOW
日本の映倫にあたるMPAA(アメリカ映画業協会)の審査で、ヒーロー映画なのに「R指定」(17歳以下保護者同伴)を食らい、子どもたちが自由に観に行けないことから、撮りなおすハメになったばかりか(ココ参照)、世界のメディアの注目を集めるべく、オーストラリアで用意されてた、多額の予算をつぎ込んだリッチな完成披露ワールド・プレミア上映までキャンセルして、さらに大損害を食らった、ウィル・スミス主演の「ハンコック」が、ご覧のようにバッチリ7月2日公開と日付けまで断言したテレビスポットを放送し、アララ映画、間に合うのかよ?!と心配されています。もちろん、R指定版を公開すればいいだけのことですが、それでは興行のマイナスになるため、撮り直した場面との差し替え再々編集を必死で行なっています。それでも、再々々となる3度めの審査で、「R指定を解除してもらえる保証はないのですが…、果たして、「ハンコック」はMPAAの基準に適った健全な映画?に生まれ変われるでしょうか?!、ちなみに、日本での公開8月30日で決まったようですが、日米のモラル・ギャップカルチャーの違いから、日本の映倫が「ハンコックにイチャモンをつけるとは思えません。しかし、考えれば、この騒動のおかげで、映画を製作したソニー・ピクチャーズは、「ハンコックの一般公開版と、R指定版2種類のブルーレイ少なくともアメリカでは売ることができそうですッ?!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中