トム・クルーズ大統領とデンゼル・ワシントンの秘密結社が最新スリラー「憲法修正第28条」で対決!!

トム・クルーズとデンゼル・ワシントン
大いなる陰謀」(2007年)がコケたうえに、最新作ワルキューレ」がオクラ入りのようになっている絶不調トム・クルーズが、「今そこにある危機」(1994年)のフィリップ・ノイス監督する「The 28th Amendment」(憲法修正第28条)への出演契約にサインをし、デンゼル・ワシントンとの初共演が実現することで注目を集めそうです。現実のアメリカ合衆国憲法には、修正第27条までしかないので、アメリカ人には修正第28条って何だろう?と思わせるミステリアスなタイトルの本作は、トム・クルーズ演じる大統領が、アメリカ政府は実はデンゼル・ワシントン率いる影の組織に支配されていることを知り、どうにか実権を取り戻そうとするポリティカル・スリラーとのことです。作品選びにあまり失敗しないデンゼル・ワシントンのことですから、シナリオはたぶん充分に練られたものと思われますが、トム・クルーズの正義感あふれる大統領というのは、今さらちょっとハナにつく感じでウザいのでは?、と心配されています。そのデンゼル・ワシントン現在1974年に名優ウォルター・マッソーが主演した傑作サスペンスサブウェイ・パニック」のリメイクThe Taking of Pelham 123」(アメリカ2009年7月公開)を、「デジャヴ」(2006年)でコンビを組んだトニー・スコット監督のもと、ジョン・トラボルタ共演で撮影中です(写真右は同映画の撮影スナップ)。地下鉄をジャックし、乗客を人質に身代金を要求するジョン・トラボルタと、デンゼル・ワシントンの警部が対決するようです。トム・クルーズは、善人役も悪人役も器用にこなすデンゼル・ワシントンを見習い、「The 28th Amendment」(憲法修正第28条)では役を入れ替え秘密結社を演ったほうがウケると思うんですけどね、新興宗教サイエントロジー」の影の教祖不気味がられているだけに…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中