ハリウッド映画「アドレナリン2:ハイボルテージ」と、ゴールデンウィークの行楽がキャノンの同じカメラで撮られてる?!

Canon HF10
↑上のビデオカメラは、キャノンHF10という機種で、価格.comで調べると、8万4,800円で購入することが出来ます。エイミー・スマートオッパイのネタばかりの「アドレナリン2:ハイボルテージ」(2009年公開)ですが、そのエイミーを実際に撮影してるのは(ココで確認)このカメラです。同映画は、ジェイソン・ステイサムの殺し屋が主人公のヒット映画「アドレナリン」(2006年)の続編で、レイクショア・エンタテインメントライオンズゲート製作する、れっきとした本格的なハリウッド映画で、インディーズの自主映画ではありません
Canon XH-A1なのに、使われてるカメラは同機種に加え、←左の同じくキャノン製XH-A1(55万円)だけです。コンビ監督マーク・ネヴェルダインブライアン・テイラーは、本作の前に撮ったジェラルド・バトラー(「300」2007年)主演オンラインゲームの映画ゲーム」(アメリカ2008年公開予定)でも、この2台のカメラを使用し、完成させています。8万円代という高校生のアルバイトでも買えるカメラで、ハリウッド映画を撮れるなら、あとは本当に才能とアイディアだけが勝負ということですね。しかし、オッパイ×点も、そんなアイディアに含まれるのでしょうか?!、と言うのはさておき、2人の監督カメラの小ささ軽さを利用し、前作以上にハイスピード感のある、これまでになかった映像表現を創りだしているそうです。なので、同じようなカメラで作られた、「ブレアウィッチ・プロジェクト」(1999年)や「クローバーフィールド」(2007年)、「REC」(6月公開)とは目的が違うため、素人っぽい画面のブレの演出はなく、「ちゃんと映画だよ」みたいなコメントを述べています。エイミー・スマートオッパイの記事で、どんな風にカメラが使われてるか?もう一度ご覧になってみてください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中