映画館で失笑されてるシャマラン監督の新作ホラー「ザ・ハプニング」の新予告編!!

http://www.movieweb.com/v/V08E679gkmDVWY
アメリカ5月1日公開され、大ヒットしているヒーロー映画アイアンマン」(日本9月公開)の冒頭につけられている、M・ナイト・シャマラン監督の最新作ザ・ハプニング」(日本7月公開予定)の新しい予告編です。人々が理由もなく突然謎の自殺を遂げる怪奇現象を描いた本作ですが、映画館でこの予告編が映ると観客は怖がるどころか失笑している…という呆れ果てた反応が報告されています。誰もが痛快に騙された大傑作シックス・センス」(1999年)以降、発表された作品がどれも大きな謎かけで期待させておきながらガッカリのこけおどしのオチだったことで、もはや観客はシャマラン監督を見放したということでしょうか?!、ま、無理もない感じですが…。シャマラン監督はすでに、本作の元ネタ1956年古典SFホラーボディ・スナッチャー/恐怖の街」(原作はジャック・フィニイ「盗まれた街」)と発言しており、映画通・SF通の方はそれだけで、ハハ~ンそういうオチですか…ッ、と何となく映画の内容がわかってしまったのでは?!、それにしても同原作は、「インベージョン」のタイトルでニコール・キッドマンが主演したリメイク版が去年(2007年)、公開されたばかりですよね?!、「ザ・ハプニング」が、どのようなハプニングに発展してしまうのか?!公開が楽しみです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中