スチームパンクの世界観による「スター・ウォーズ」キャラクターのフィギュア大集合!!

スチームパンク・スターウォーズ-1
カスタム・フィギュアや、ジオラマを創っているサイロフ(sillof)さんという人が、スチームパンク風にデザインし直した「スター・ウォーズ」のキャラクターのフィギュアを、自分のサイトで発表し、ご覧のように、それらがすごくカッコいいので紹介しておきます。「スチームパンク」とは、SFのサブ・ジャンルで、産業革命蒸気機関が高度に発達し続けた世界観のことです。ビジュアル的には、19世紀から20世紀にかけてのレトロなデザインがフィーチャーされてるのが特徴です。サイロフさんは、別にプロのモデラーではなくフィギュア作りを仕事にしてる訳ではないそうで、デザインや造型を学んだこともなく独学で技術を身につけたそうです。センスがいいので、そういう才能があったんでしょうねココの彼のサイトでは、他のバージョンのスター・ウォーズキャラをはじめ、ジオラマなども含めた、いろんな作品が見られるので、ぜひ一度覗いてみてください続きを読むの後に、スチームパンクの「スター・ウォーズ」フィギュア各体の写真と、サイロフさんのコンセプト簡単に紹介してるので、ご覧下さい


★C-3POとR2-D2
スチームパンク・スターウォーズ-2
C-3POロボット(ドロイド)よりも、「機械人間というイメージでデザインしたそうです。R2-D2スチームで動くという前提なので、煙突から煙が出ています!!おもしろいですねッ!!
★C-3PO(詳細)
スチームパンク・スターウォーズ-3
歯車が剥きだしで、ちょっとイカツい感じもしますが、この歯車が回りながらC-3POが動くところを想像するとカッコいい気がします
★ルーク・スカイウォーカー
スチームパンク・スターウォーズ-4
産業革命時代を反映して、ルーク・スカイウォーカーには工場作業員のようなイメージを持たせたそうです。ライトセーバーから動力につながるパイプが伸びているのが特徴的です。やっぱり、蒸気で光るんでしょうか?!
★オビ=ワン・ケノービ
スチームパンク・スターウォーズ-5
オビ=ワンは、ヨーロッパ風の古典的な騎士のイメージを残したキャラとして生まれ変わっています。鎧の使い込んだ風情がいいです。
★プリンセス・レイア
スチームパンク・スターウォーズ-6
レイア姫中世の婦人のようなコルセットを着ていますね。フランス革命の時に、こんな女性が活躍したんじゃないか?、というイメージのようです。
★ハン・ソロ
スチームパンク・スターウォーズ-7
ハン・ソロは何だかスゴく悪そうな奴になってます。密輸のヤバい仕事をしているハン・ソロのキャラを19世紀に置き換えると海賊じゃないか?ということで、そんなイメージを持たせたそうです。
★チューバッカ
スチームパンク・スターウォーズ-8
オリジナルより野性的な風貌です…
★ダース・ベイダー
スチームパンク・スターウォーズ-9
どこかしら日本の戦国時代の鎧武者風だったダース・ベイダーのヘルメットのイメージを、ドイツの軍隊を思わせるようなデザインに変更し、よりヨーロッパ的な雰囲気を持たせたかったようです。マントも、東ヨーロッパ風なコートに変わっています
★ストゥーム・トゥルーパー
スチームパンク・スターウォーズ-10
ダース・ベイダーのデザインに呼応するように、ストゥーム・トゥルーパー東ヨーロッパ風な装飾の入った鎧にデザインし直されています。オリジナルでは真っ白なコスチュームが、黒くクスんだ渋い白になっています。手に持っているのが銃剣という辺り、第一次大戦風ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中