かなりオタ入ってるアイスランドのRPG映画「アストロピア」のコスプレイヤーぶりがいい!!

Astrópía2007年夏アイスランド公開された映画アストロピア」(Astrópía)のポスターです。金儲けの上手いボーイフレンドのジリのお陰で、ファッショナブルな生活を楽しんでいた主人公のヒルダーは、ジリが刑務所送りになったことで、自分で生活費を稼ぐハメに…。ろくに働いたこともないヒルダーにようやく見つかった仕事はなんとロールプレイングゲームの本やグッズを販売するオタクショップだったッ!!というコメディ映画です。セレブのような主人公オタクコントラストは、ちょっと「電車男」みたいですが、本作は、オタクでも心やさしい仲間との出会いで、ヒルダーが人生を再発見していくテーマになっているようです。物語としては途中から、ロールプレイングゲームの世界と現実とがシンクロしていくファンタジーな展開で、コスプレ・アクションの場面などが楽しめる感じですね。続きを読むの後予告編観てもらえばわかるのですが、素人くさいコスプレチャチなアクション場面は、間の抜けた感じなのですが、そんな自主映画っぽさ妙に愛嬌があってよい感じがします日本人的には、主人公のヒルダーもっと萌え萌えな女優だったらよかったのに…とか勝手に思っちゃいそうですが、アイスランドでこんなオタク映画を作ってる…というのが興味深い気がしました監督1972年生まれで、本作が初の劇場公開作品であるグンナー・B・グドマンドッソン(Gunnar B. Gudmundsson)です。本作以前短編映画や、ビデオ用の映画を作っていたようです。それでは「アストロピアの予告編をお楽しみください!!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中