ほとんど悪夢か狂気の「東京残酷警察」の嘔吐注意の激ヤバ血しぶき予告編!!

http://services.brightcove.com/services/viewer/federated_f8/1214128517
Youtubuより高画質Twitch Video Playerゲロゲログロテスクな「東京残酷警察」の予告編鮮明にご堪能下さい!!主演は、三池崇史監督の大傑作オーディション」(2000年)の美しい椎名英姫さまです。しかし、コレ劇場公開間違いなく成人指定になりそうです…ッ!!

ジェームズ・ボンド最新作「007/クゥオンタム・オブ・ソレス」が迫力の大量写真公開!!

クゥオンタム01
アメリカ大衆メディアUSAトゥディ」が、「007/クゥオンタム・オブ・ソレス」の南米チリでの撮影レポートを掲載し、写真20点を公開したので、ご覧下さい007シリーズはこれまで、それぞれの映画は独立した作品でしたが、この「クゥオンタム・オブ・ソレス」は初めて前作カジノ・ロワイヤル」(2006年)の続編となる、シリーズでも特殊な位置づけの作品です。記事の中で、監督マーク・フォースターは、チリの砂漠をロケ地に選んだ理由を、前作で愛を失ったボンドの荒涼とした乾いた心を暗示するためと述べており、監督就任時に掲げた「心の旅というテーマそのような演出で表現してるようです。また、そんな傷心のボンドの設定から、本作では、007映画らしからぬ、ロマンスを廃した作品にするそうで、その代わりに、ボンドの怒りを表現するアクション場面はさらに迫力倍増だそうです。尚、気の早いソニー・ピクチャーズはすでに007の次回第23作を、2010年夏に公開と発表しました。引き続き、ボンドを演じるダニエル・クレイグは、第23作め以降も、自分でいいならボンドを演じ続けたいと、ファンにはうれしい発言をしています。しかし、監督のマーク・フォースターは、自分の本来の映画スタイル(代表作は「ネバーランド」(2004年)、「君のためなら千回でも」(2007年)等)とは違うボンド映画は、「クゥオンタム・オブ・ソレス」の1本だけで終わりときっぱり発表しました。色んな要素で、これまでの007映画とは一線を画した出来栄えになりそうな「007/クゥオンタム・オブ・ソレス」は、世界各国で今年末公開です。では、続きを読むをクリックで、フォト・ギャラリーです。

続きを読む

「スピードレーサー」の最新プロモ映像!!、だが、やっぱりゲームにしか見えない…。

http://www.traileraddict.com/emb/4226
キャストスタッフ簡単なコメントも交えた「スピードレーサー」(「マッハGoGoGo」の映画化)の最新プロモーション映像です。冒頭で、主役エミール・ハーシュが「今までに誰も観たことがない、全然ちがう映画」と言ってるように、映画のほぼ全編にCGが使われていて、動画の中では、実写の合成撮影のメイキングも少し紹介されてます。これまでの予告編などで公開の映像に加え、このプロモでは、さらにレース・シーンのド派手なカットがたくさん紹介されてるのですが、それらのフルCGの映像だけを連続で見せられるとどうしても映画というよりはゲームのデモ動画にしか見えないような…。この新しい映画のスタイルが成功か?失敗か?ウォシャウスキー兄弟挑戦の結果を早くスクリーンで確認したいですね。「スピードレーサー」の日本公開今夏7月26日の予定です。(※「スピードレーサー」の情報はタグ検索の「スピードレーサー」から探してください)

「What?」を大量に連発する謎だらけの「LOST」の動画!!


J・J・エイブラムス製作の大人気ドラマLOST」のシーズン1から3の中で、登場人物たちがWhat?と疑問をぶつけてるカットを集めた動画です。謎だらけの展開が売りのドラマだけに、What?=何ッ?というセリフばっかりこんなに使われてる…ということをおちょくってる訳ですね。たぶん登場人物たちがWhat?と言った回数ぶん観てるこっちも何それッ?!とテレビに向かってツッコんできたんでしょうね…。ま、謎が早く解決してほしいですけど、解決するとドラマ終わっちゃうし…、ファンとしては微妙ですね。