「俺はポルノ映画界のスコセッシだ!!」、奇才監督のエッチなコメディ映画「アゥトゥール」!!

The Auteur
ニューヨーク今月末から開催トライベッカ映画祭初公開される、ちょっと変わったエッチな映画The Auteur」(アゥトゥール←日本語表記が微妙かも)の紹介です。本作は、レンタルビデオ屋の店員がネットで映画評論家になるコメディ映画フィルム・ギーク」という、直訳すれば「映画オタク」になる映画を2005年に発表し評判を得た、本人も映画オタクの監督ジェームス・ウェストバイ最新作です。タイトルの「アゥトゥール」は、主人公のポルノ映画監督の名前で、物語は、そのアゥトゥールが長年のポルノ映画への貢献から功労賞を受賞するために、オレゴン州ポートランド(ジェームス監督の地元)のシケた映画祭にやってきた週末のドタバタを描くものです。映画の中に登場する…(続きを読むをクリックエロい必見のプロモーション映像!!)

続きを読む

「バベル」のイニャリトゥ監督による覚せい剤防止キャンペーンの過激な説得力のCM…。

The Meth Project
菊池凛子アカデミー賞ノミネート話題になった「バベル」(2006年)のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(カンヌ映画祭監督賞)が、The Meth Projectという青少年を対象にした全米規模の覚せい剤防止キャンペーンのために、テレビCM3本監督し、発表しました。同キャンペーンのキャッチフレーズである「これは普通じゃない…でも、覚せい剤を使えば、これが普通になる」をテーマに、いずれも同監督のデビュー作メキシコ映画アモーレス・ペロス(←必見)」(2000年)を思わせるような力強いタッチの映像に仕上がっています。どんなCMか?映画ファンには気になるところだと思うので、続きを読むの後に、まとめて3本全部あげておきますので、ぜひご覧下さいThe Meth Projectは、国連麻薬統制委員会(The United Nations International Narcotics Control Board)が、アメリカの薬物問題の中で覚せい剤を最も深刻視し、青少年の乱用が15歳か、それより下の年齢から始まっている悲惨な現状食い止めるため発足した基金です。ホラー映画のような、上のビジュアル広告も恐ろしいです…

続きを読む

映画「超人ハルク」最新作がプロモーション映像をリリース!!

http://www.movieweb.com/v/V08D0124aiqtEL
アメリカ今夏6月公開ながら、あまり情報が出ていなかった超人ハルク」が、貴重なメイキング・カットも少しだけ含むプロモーション映像リリースしました。動画の中で、プロデューサーケビン・フェイジが、過去の大人気のテレビシリーズを踏襲した期待を裏切らない映画になっていると話しており、それにあわせてビル・ビクスビーブルース・バナー博士が写るのが懐かしいです軍人ティム・ロスの悪のハルクVSエドワート・ノートンの緑のハルクの対決が楽しみですが、変なレッスルマニアもどきになってさえいなければいいのですが。ちなみに本作には、今月末から日本を除くアジア(?!)とヨーロッパで映画が公開になる、同じマーベル・コミックヒーローアイアンマン」もカメオ出演しています!!

ハリウッド実写版「ドラゴンボール」の写真をいきなり大量公開!!

ハリウッド実写版ドラゴンボールZ-11
ハリウッド実写版ドラゴンボール」の写真いきなり大量15枚ネットで公開されました。映画の公開約1年後2009年3月であることを考慮すると、これだけの写真の公開は宣伝上早すぎると思うので、もしかすると流出かもしれません。まぁ、どっちにしろ、実写版の「ドラゴンボール」がどんな感じの映画になりそうか?、わかれば、それでいいのですが…、う~ん大失敗だったハリウッド版GODZILLA」(1998年)に似たカン違いの空気を、写真からは感じ取れるような…続きを読むをクリックで、みなさんの目で判断してみてください

続きを読む