ナチス軍隊がゾンビで蘇るホラー映画「ワーストケース・シナリオ」が、最悪のシナリオ回避で製作再開です!!


まずは上の動画再生してください。「ZOMBIO/死霊のしたたり」(1985年)などのブライアン・ユズナプロデュースしているオランダゾンビ・ホラー映画Worst Case Scenario(最悪のシナリオ)」のプロモーション映像です。一見するだけで、後半の映像の独特の静かで恐ろしい雰囲気と、ナチスの軍隊がゾンビで蘇るというコンセプトシビレて、この映画は絶対に観ようッ!!と思うんじゃないでしょうか?、でも残念ながら、この映画は未完成です。プロモ映像が発表されただけで、製作は資金難のため2004年頃から、ずっと停止したままでした…。ところが朗報で、新たなスポンサーが見つかったらしく、やっと映画本編の製作がスタートするとのことです。すでにポール・バーホーベン監督が「ブラックブック」で大金を投じて作ったセットなどを、下取りで買い取ったそうで、ならば間違いなくカメラはまわされるでしょう!!、そんな「最悪のシナリオ」では現在、映画に協力してくれるボランティアのエキストラを、ココ大募集中です。ナチスの軍服を着て、ゾンビになって、映画で暴れたい!!という方はメールしてみては?オランダまで自費で行かないとダメと思いますけど…。ま、ゾンビとは言え、ナチスの脅威、再び…ッ!!という内容ですから、スポンサーも見つけにくかったと思います。でも、先の「ブラックブック」(2006年)や、「ヒトラー ~最期の12日間~」(2004年)などのヒットで、ナチス映画への偏見も、企画した2004年からは少し緩和されたのかも…。続きを読むをクリックで、「ナチス・ゾンビは空からも襲ってくるッ!!」編のプロモ映像と、メイキング動画、それとついでにポスターもあげておくので、ぜひぜひ、ご覧下さい。日本の配給会社も、プリセールで買ってくれるとうれしいんですけどねぇ…。
死霊のしたたり2
おすすめ度 :
ブライアン・ユズナは80年代のB級ホラー映画を代表する監督ですが、今もB級魂は健在のようですね。スクリーミング・マッド・ジョージと一緒に、日本の漫画の映画化「ガイバー」なんかも作ってましたっけ。


★ナチス・ゾンビは空から静かにやって来る!!


★「ワーストケース・シナリオ」プロモ映像メイキング

Worst Case Scenario

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中