イギリスで発禁処分を食らった変態連続殺人鬼の映画「マーダーセット・ピーセス」の予告編!!

Murder Set Pieces2004年アメリカ映画マーダーセット・ピーセス」(Murder Set Pieces)のDVDが、イギリスで発売禁止になりました。この処分は、ブラウン首相国会で、残酷なホラー映画やゲームが社会に与える悪影響への懸念を表明したことを受け、日本の映倫にあたる、イギリスの全英映像等級審査機構(British Board of Film Classification)が行なったものです。どうして、「マーダーセット・ピーセス」が見せしめの対象にされたかはわかりませんが、このインディーズ映画は、その残酷すぎる描写から、米国映画業協会レーティング審査を通せば、映画館で上映できないことがわかりきっていたため、無謀にも無審査で公開したという、いわくの作品です。アメリカ国内で過去25年間にレーティング無しで一般公開されたのはこのマーダーセット・ピーセスだけです。本作は、主人公のイカれたフォトグラファーが…(続きを読むをクリックで目をそむける予告編)
バリューモアはどこにも負けない価格設定でたくさんのユーザー様にご利用頂いております。特に人気のT-FALキッチン用品は魅力的な価格と豊富な品揃ろえで多くの方にご購入頂きました。最近では今人気のホーム用ワインセラーやゲルマニウムアクセサリーなども一押しです!


俺、写真家なんだぁ~、写真、撮ってあげるよぉ~」などと、次々と獲物の女性を探しては、変態レイプで犯しまくった挙げ句、拷問惨殺し、その様子を写真に撮ってはよろこぶという、確かにとんでもない内容です。しかし、本作ならずとも、この手の映画を発禁処分で店頭から取り除いたところで、今時、ネット通販で買えばいいだけのことなので、あまり意味はないと思うのですが。ちなみに中国もホラーやポルノなどの締め出しに動きだしています。中国が規制を強化する理由は、北京オリンピックに向けて、国内環境を整備し、美化につとめるだそうです。映画関係者には、はた迷惑な理屈ですね。だったら、映画の規制は北京でだけ行なうのでしょうか?、日本でも同様のくだらない議論を、国会血税を使って、大の大人行なわないことを願います。「マーダーセット・ピーセス」の監督は、4歳の時、「オズの魔法使い」(1939年)を観て以来、映画のとりこになったという、1970年生まれニック・パランボです。作る映画はキモいが、ふだんはやさしいナイスガイだそうです。ところで、これ、日本ではDVD出てないですよね…?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中