リメイク版「エルム街の悪夢」の新フレディは「ヤング・スーパーマン」のレックス??

エルム街の悪夢
CM出演(ココココ)で調子にのる映画監督マイケル・ベイが、「アルマゲドン」(1998年)、「トランスフォーマー」(2007年)などで儲けたお金を、「悪魔のいけにえ」(1974年)などのカルトホラー映画権利買取りにつぎ込み(「テキサス・チェーンソー」シリーズにリメイク)、最近、「エルム街の悪夢」シリーズの権利も買い取ってリメイクするニュースはすでにご存知の方も多いと思います。その、新「エルム街の悪夢」に、元祖フレディロバート・イングランドが出演しないことから、いったい誰がフレディを演るんだ?!と話題でしたが、ここにきて、恐らくマイケル・ローゼンバウムではないか?と具体的な名前が登場しました。マイケル・ローゼンバウムは、テレビヤング・スーパーマン」で、若き日のレックス・ルーサーを演じてることで有名なテレビ俳優です。その彼が、新フレディと推測の根拠は、マイケル・ベイとマイケル・ローゼンバウムの、ふたりのマイケルがいっしょにランチを食ってたから…という、非常に信憑性の薄いものですが、マイケル・ローゼンバウムならフレディにピッタリ!!と、そのイメージが見事にマッチしたことから、一気に注目が集まったものです。加えて、顔が売れてる割には今いちパッとしないマイケル・ローゼンバウムのマイナーなポジションも、そこそこ予算のホラー映画の主役に妥当なギャラでおさめられる?、と思われてるみたいです。本当にマイケル・ローゼンバウムか?、それとも他の誰かが演るのか?、マイケル・ベイの発表を待ちましょう。しかし、マイケル・ベイのホラー映画の権利買い漁りは、老後をそれらの映画のライセンス料で食ってくつもりの財テク?と、いやしく見られていて、真のホラー映画ファンからは好ましく思われてません一流監督なら、クラシック映画として、時を越えて愛される名作を、自分で作ってみろよッ!!、てことですよね…。
S-0216 マイケル・ベイ オートグラフS-0216 マイケル・ベイ オートグラフ
おすすめ度 :
マイケル・ベイ監督のサイン入りの写真が2万2800円だそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中