ハリウッド版「アキラ」の金田はレオ様、鉄雄はジョセフ・ゴードン=レヴィットで決定済み?!

レオとゴードン
昨日、世界中映画メディアを騒がせたハリウッド版アキラ製作決定続報です。その後、アメリカの映画メディアでは、「アキラ」の主要キャストとして、製作レオナルド・ディカプリオが、やはり本人が主演で金田を演じるのは間違いない!!の他に、相手役の鉄雄に、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが内定では?(写真左)との情報が飛び交っています。1981年生まれジョセフ・ゴードン=レヴィットは、7歳から子役で主にテレビで活躍し、映画ではロバート・レッドフォード監督のブラッド・ピット主演作「リバー・ランズ・スルー・イット」(1992年)に出演の他、「陪審員」(1996年)ではデミ・ムーア息子役でした。その後、ディズニー・アニメトレジャー・プラネット」(2002年)で声優を努めるなどし、2005年ハードボイルドな探偵のような高校生役で主演したインディーズ映画消された暗号 BRICK-ブリック-」や、オスカー女優ヘレン・ミレンキューバ・グッディング・Jrの相手役をつとめた「サイレンサー」(2005年)などで高い評価を得て注目され、キンバリー・ピアース監督の「ストップ・ロス」(2008年)には主演級で出ています。加えて、話題の映画G.I.ジョー」(2009年公開)にもキャストされており、新進の売り出し中の俳優です。そんな彼が「アキラ」の鉄雄として報じられた情報ソースは明らかではなく、単にかもしれませんが、ディカプリオの相手役として、まさに話題性・実力共にふさわしく、原作のファンの思いを別にして、映画のキャスティングとしては良い組み合わせと言えます。しかし、「アキラ」の監督新人ルアイリ・ロビンソン(Ruairi Robinson)が予定されており、一流の監督としか仕事しないディカプリオが、果たして無名の新人監督に自分の演出をまかせるか?は、かなり疑問が残ります…。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/bf92d00e-6d36-48d8-b223-bef8e50b5b75 Amazon.co.jp ウィジェット

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中