オーストリアの傑作スラッシャー映画「デッド・イン・3デイズ」の続編がスタート!!

デッド・イン・3デイズ残酷映画ファニー・ゲーム」(1997年)など、ミヒャエル・ハネケ監督の映画の編集マンとして厚い信頼を置かれており、自身も監督であるアンドレアス・プロチャスカが、2006年に監督し、オーストリアで大ヒットしたスラッシャー映画デッド・イン・3デイズ」(In 3 Tagen bist du tot)の続編が作られるそうです。オリジナルの物語は、まさにお約束通りで、卒業旅行に出かけた若者グループが、異常な猟奇殺人者に次々と惨殺され、女の子がひとり生き残る…。続編は、生き残った女の子ニナに再び悪夢が…ッ!!と言うことですね。このオーストリア映画は、アメリカスラッシャー・ムービーストレートな残酷描写を取り入れ、ハネケゆずりヨーロッパ・テイスト雰囲気で仕上げた佳作として、各国の映画祭などで人気を博したそうですが、日本では未公開で、DVDも出ていないのか?、情報が見当たりません。とりあえず、続きを読むの後に、オリジナルの予告編をあげておいたので、ご覧下さい。続編オーストリアで2009年公開だそうです。
リッスンジャパンでダウンロード


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中