渡辺謙さん出演のハリウッド映画「上海」の撮影を中国政府が拒否!!

ジョン・キューザック今月から上海で撮影の予定だったハリウッド映画上海」(以前の記事はココ)の、中国国内での撮影を、中国政府が全面的に禁止し、ハリウッドの映画産業にショックを与えました。「上海」は、ジョン・キューザック演じるジャーナリストが、大戦前の日本占領下の上海を舞台に、友人の死の謎を探るサスペンス映画で、コン・リーチョウ・ユンファ渡辺謙と、アジアのスターそろい踏みの大作です。中国が、この映画の撮影を禁止した理由は、映画にドラッグセックスの場面が登場し、中国のイメージを損なうからだと伝えられています。中国政府は、アン・リー監督の「ラスト、コーション」(台湾映画は中国映画なのか?)や、製作者らを映画界から追放処分した「苹果(Ping guo)/ロスト・イン・北京」(2007年)など、性描写が話題にのぼる映画が増えるなどした最近の傾向から、再度、映画の検閲徹底しなければと考えたようです。「上海」の監督ミカエル・ハフストローム(「すべてはその朝始まった」2005年)ほか、映画のスタッフは昨2007年9月頃から、中国での準備を進めており、その時間と費用はすべて無駄になりました。そのため、この撮影開始直前での禁止措置は、中国側の裏切りとも言える行為と、関係者は憤りを隠せないようです。しかし、「上海」の製作者らの情報によれば、他にも撮影を禁止された映画が、7本ほどあるとのことです。中国の映画産業は、近年、ハリウッドの映画産業との提携が急速に進んでいただけに、今後の中国映画界の在り方がどうなるのか?、大変、気になります。朗報は、この禁止措置により、撮影は遅れるものの、「上海」の製作は中止にならずメイン・キャストの変更もないとのことです。撮影地を失った「上海」は、新たなロケ場所を探すのですが、海の向こうでは、渡辺謙さんが出てるから、日本で撮りゃいいじゃん!!との安易な意見も出てるようですが、一体、日本のどこで上海の古い街並みを再現できるのか?、は疑問です…。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/adc64ea4-41ca-46fd-be9d-32d8b3753b52 Amazon.co.jp ウィジェット

渡辺謙さん出演のハリウッド映画「上海」の撮影を中国政府が拒否!!」への1件のフィードバック

  1. ハリウッド映画、上海の最新情報ありがとうございます
    これからも最新情報ブログにてお知らせ戴ければ、嬉しいです。ありがとうございます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中