ロカビリー音楽で蘇る死者と大女優フェイ・ダナウェイが対決のホラー「フリック」が登場!!

フリックフェイ・ダナウェイと言えば、「俺たちに明日はない」(1967年)や、スティーヴ・マックィーンと共演の「華麗なる賭け」(1968年※リメイク「トーマス・クラウン・アフェアー」(1999年)にも出演)、「チャイナタウン」(1974年)、「ネットワーク」(アカデミー主演女優賞/1976年)など、60~70年代のアメリカ映画の名作を語る時に絶対はずせない大女優です。そんな彼女が、新人監督の変なホラー映画で、ゾンビのように死から蘇った殺人鬼と闘うから、ビックリです。この映画は「フリック(Flick)」(2007年)というイギリス映画で、テレビ出身のデヴィッド・ハワード監督の長編映画デビュー作です。物語は、1950年代ロカビリー音楽全盛期のイギリスから始まり、主人公のフリックというニックネームの青年が美少女に片思いしてイジメられ、交通事故死するのですが、40年後に発見された事故車の中で、復讐を誓った彼はゾンビのように生きていた…ッ!!、という内容です。フェイ・ダナウェイは、アメリカから研修に来た女刑事で、連続殺人ロカビリー音楽のつながりから、フリックを追い詰め対決します。フェイ・ダナウェイ、今年67歳ですが、こんな映画に出るのはカッコいいですね。フリックを演じてるのは、ジョニデの「ショコラ」(2000年)で注目されたヒュー・オコナーです。テレビ「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」のリメイクで、ジェミー役のミシェル・ライアンも出ています。続きを読むをクリックで予告編です。50’sテイスト不思議なスタイリッシュ・ホラーを少し楽しんでください。この映画の日本公開は今のところ無いと思います。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/d96d229b-e06a-4078-ad7f-0c2373bd78a1 Amazon.co.jp ウィジェット


http://services.brightcove.com/services/viewer/federated_f8/1214128517
スーパーガール
おすすめ度 :
ヒーロー映画に大物俳優のゲストはお約束ということで、フェイ・ダナウェイが悪役で出演し、失笑を買ってしまった映画…。世間的には失敗作だけど、スーパーガールのヘレン・スレイターはキライじゃないな。リメイクされないのかなぁ…?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中