ビックリ!!、ランボーの息子の映画を撮影中?!、ポスターと予告編をどうぞ!!

Son of Rambow
サンダンス映画祭で公開された英・仏合作映画Son of Rambow」のポスターです。この映画は、第1作めの「ランボー公開直後の1982年イギリスを舞台に、シルベスター・スタローンのランボーに憧れた子どもたちが「ランボーの息子」(ランボーのボーは弓矢のボウ)という自主映画を作る話です。しかし、1982年頃に、ビデオカメラを持ってるという設定は、すごいことなんじゃないかなぁ…?、監督は「銀河ヒッチハイクガイド」のガース・ジェニングスです。ま、ひと夏の経験を通して、子どもたちが成長するというジュブナイル映画ですね。「ランボー 最後の戦場」(5月公開)は残酷で…という方は、こちらの映画をご覧ください…と言いたいとこですが、日本で公開されるのかな?、イギリスでは3月から、アメリカでは5月から公開予定です。続きを読むをクリックで予告編です。
女ランボー KILL YOU! IN MY JUSTICE
おすすめ度 :
子どもだけじゃないのよ!!、ランボーは女もいるんだから!!
かかってらっしゃい!!

続きを読む

インディ・ジョーンズ最新作「クリスタル・スカルの王国」の未公開写真を発掘です!!

インディ・ジョーンズ4
最新作「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」(6月21日日本公開)の未公開写真発見です!!、金曜日発売のイギリスの映画雑誌Empire最新号予告フォトからです。新たに数点の写真がリリースされるようです。それにしても、第1作レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(1981年)のお酒が強いヒロインマリオン再登場がうれしいですね。演じてるカレン・アレンは、FBI捜査官の娘なので、どんな危険も平気だと思います!!
レイダース 失われたアーク インディ・ジョーンズ (予約:08年5月発売予定)レイダース 失われたアーク インディ・ジョーンズ (予約:08年5月発売予定)
おすすめ度 :
昔の映画雑誌を見ると、「アーク」を直訳し、「失われた箱舟の密猟者たち」という邦題をつけてます。それもカッコよくて、おもしろそうな映画の感じなんですけど…!

ギレルモ・デル・トロ、ファンの前で「ホビット」監督就任を宣言の動画です!!


スペイン語で何を言ってるのか?、わからないのですが、ギレルモ・デル・トロ監督が、ロード・オブ・ザ・リング」シリーズとなる「ホビット」の監督に決定だよ!!、と本人が認めてる動画だそうです。映画サイトなどで、そう紹介され出回ってますから、たぶん、そうなんでしょう!!、ギレルモ・デル・トロが「ホビット」の監督に「内定」は、いち早く、ココでくわしくお伝えしましたが、監督に決定!!とは、まだ断言して公表されてなかったので、ファンの前で認めた、この動画が恐らく最初の発表になるんでしょうね!!、映画史に残るワンシーン?です
イギリスの雑誌Empire」オンライン版では、ギレルモ・デル・トロ監督最新作「ヘルボーイ2:ザ・ゴールデンアーミー」のセットを訪問してのインタビュー動画を公開中です。予告編はココにもあります。
デビルズ・バックボーン スペシャル・エディション
おすすめ度 :
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの前日譚となる「ホビット」の製作費は2本まとめて、300億円とも言われています。いよいよ、ギレルモ・デル・トロがハリウッドの中心的な存在になりそうです。ギレルモ・デル・トロって誰??という方、とりあえず、急いで、この映画は観とこ!!

ジョン・キューザック、インタビューで人違いされてる恥かしい動画公開です!!


主演した映画「さよなら。いつかわかること」(4月公開、※音楽クリント・イーストウッド)のインタビューを受けようとするジョン・キューザックですが、インタビュアーのお姉さん、軽いあいさつのつもりで、「アメリカン・ビューティーのあなたはよかったわぁ!、みたいなことを言いますが、ジョン・キューザック、「アメリカン・ビューティー」?、何の話??って感じです。それもそのはず、彼は出てない映画ですから。ジョン・キューザックが「出演してないよ」と本人が言ってるのに、お姉さん、「嘘~ぉ?!」のリアクションで信じません。ようやく「私、間違ったのかしら…?」と気づいた彼女に、ジョン・キューザック、「だね」と余裕で返してます。ジョン・キューザック、やさしい人でよかったですねタランティーノ監督だったら…(ココ見て)。取材の前に、ちゃんと相手のこと調べましょう!!
ジョン・キューザック/ハイ・フィデリティ 特別版ジョン・キューザック/ハイ・フィデリティ 特別版
おすすめ度 :
ジョン・キューザックと言えば、やっぱり、この映画が好きですね。ジャック・ブラックも出てました。ジョンの最新主演作は渡辺謙さんと共演の「上海」です。

ヒース・レジャーがCGキャラで蘇生?!、テリー・ギリアムの映画、完成に前進か?!

The Imaginarium of Doctor Parnassus準主演の俳優ヒース・レジャー急死し(訃報はココ)、製作が暗礁に乗り上げたテリー・ギリアム監督の最新作The Imaginarium of Doctor Parnassus」について、同映画に主演クリストファー・プラマー興味深い発言です。これはアメリカのゴシップ誌ピープル」のインタビューに答えたもので、「テリーは全身全霊で、映画完成を目指してる。その為のアイディアと手段を検討中だが…、映画のマジックを使うんじゃないかなぁ…、えっと、何て言うんだっけ?、あ、CG…だ?」と、77歳のクリストファー・プラマーの口から「CGという言葉が飛び出しました!!、この映画の救済策では、ジョニー・デップが代役のニュースもありましたが、それはイギリスの「東スポ」と言われる「サン」が報じたもので…(以下は続きを読むの後です)
【特別セール】【洋画SF】ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション/テリー・ギリアム【特別セール】ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション/テリー・ギリアム
おすすめ度 :
兄弟だったのに、どうしてジョニデで、俺が代役の噂が出ないんだよ?!、なんて、まさかマット・デイモン、思ってないですよね…??

続きを読む

ヴィン・ディーゼル主演復活で「ワイルドスピード」が再スタートです!!

ヴィン・ディーゼルワイルドスピード」シリーズの最新作(2009年6月公開予定)で、ヴィン・ディーゼルポール・ウォーカー再び主演コンビをつとめるそうです。「ワイルドスピード」は2001年の大ヒット作で、その後、シリーズ化され「」(2006年)まで作られたものの、ヴィン・ディーゼルの主人公ドミニクが出ないまま(「3」にはカメオ出演)、カーアクションのコンセプトだけを引き継ぐような形の続編に、人気が低迷していたシリーズです。同様に主演コンビのふたりも低迷だけに、やっぱり、ふたりで「ワイルドスピード」やっときゃ良かったかな…と反省したのかもしれません。それにしても、60代シルベスター・スタローンハリソン・フォード50代ブルース・ウィリスが今だに中心というハリウッドのアクションスターの世代交代要員として期待されながら、中途半端な活躍(「トリプルX」も1本めだけ)のヴィン・ディーゼルですが、それにはがありそうです…。続きを読むをクリックで、まぼろしの主演作予告編です。
ワイルドスピード3 ニッサン 350Z
おすすめ度 :
最新作の舞台はアメリカに戻って、ドラッグの運び屋と対決するみたいです。CG使わず、リアルのカーアクションで頑張ってほしいですね。

続きを読む