「スタートレック」最新フォト!、エンタープライズ号が飛んでます!!

エンタープライズ号-2
最新劇場映画版スタートレック」(今年12月25日公開)から新着フォトです!!、第一弾の写真では、エンタープライズ号の一部しか見せてくれませんでしたが、今回はカッコよく飛んでますよ!!、予告編は以前、世界初公開の場所をお伝えしましたが、現在はYoutubeでも普通に流出してるので、まだ見てない方のために、あらためて、続きを読むの後に予告編をあげておきました。ただし、公式には予告編はまだ配布されていません。ナレーションの声は、Mr.スポックレナード・ニモイですかね…?
★この写真は最新劇場映画版ではないのでは?、という疑問があがってるようです。最初の公開は、filmwad.com という映画サイトらしく、そこから海外の映画サイトや映画ブログに流れ、第2弾の写真として紹介されています。もしかすると、マニアの方が思うように映画とは無関係のグラフィックかもしれませんが、確認はとれていません。ごめんなさいです。
【FunKey-Hula(ファンキーフラ)】【FunKey-Hula(ファンキーフラ)】
おすすめ度 :
何かSFちっくなエクササイズ…

続きを読む

少年サンデー連載「ダレン・シャン」のハリウッド映画化、渡辺謙さんも出演です!!

ダレン・シャン-トリオ
少年サンデー連載中の「ダレン・シャン」の原作「奇怪なサーカス」の映画化に、和製ハリウッド・スター渡辺謙さんも出演決定です。この映画化は、コメディアンジョン・C・ライリー(「タラデガ・ナイト オーバルの狼」2006年)がヴァンパイアラーテン役で主演し、サルマ・ハエック(「フリーダ」2002年)がヒゲ女を演じることで話題になっていたものです。渡辺謙さんの役は、見世物小屋シルク・ド・フリーク」のオーナーで、予知能力のあるMr.トールです。渡辺謙さんがどの程度、本筋のストーリーにからむのか、楽しみですね。「硫黄島からの手紙」(2006年)以来のハリウッド・メジャー作品への出演なので、頑張ってもらいましょう。主人公ダレンを演じるのは、主にテレビドラマで活躍していて、映画はこれが2本めのクリス・J・ケリー(1992年生まれ。写真右端。写真、古くて…今はもうちょっと少年)です。原作の「ダレン・シャン」シリーズは、同名の作者ダレン・シャンによる全12巻の人気ダーク・ファンタジー小説で、半分ヴァンパイアで半分人間の主人公ダレンが、ヴァンパイアVSヴァンパニーズの闘いなどの冒険をするストーリーです。監督は、「アバウト・ア・ボーイ」(2002年)や、「アメリカン・ドリームズ」(2006年)など、ヒュー・グラントとのコンビで知られるポール・ウェイツです。ポール・ウェイツは、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(3月1日公開)の製作総指揮もやってますね。脚本は、「L.A.コンフィデンシャル」(1997年)、「ミスティック・リバー」(2003年)のブライアン・ヘルゲランドです。撮影は来月2月からスタートし、2008年中の公開を目指したいようです。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/dda7b67c-8a07-495d-b4d5-a59747c221ff Amazon.co.jp ウィジェット

「クローバーフィールド」大ヒットは、J・J・エイブラムスと映画ブロガーの蜜月関係の成果では?!

http://cache.reelzchannel.com/assets/flash/syndicatedPlayer.swf.syn{font-family:Arial;font-size:11px;color:#999;}.syn A{color:#999;}

動画は、映画サイトReelzchannel で、J・J・エイブラムス・プロデュースの「クローバーフィールド」のネットを最大限に活用した宣伝を振り返っているものです。「クローバーフィールド」は先週末に公開され、週末だけで4100万ドル以上を稼ぎだし、1月は映画興行が奮わないという定説を覆すヒットとなりました。又、ネットでの盛り上がりは興行に結びつかないという定説も同時に覆しました。「クローバーフィールド」のマーケティング戦略は、その映画スタイル(スター無し、ハンディカムの擬似ドキュメント)も含めて、ブレアウィッチ・プロジェクト」(1999年)の再現と見られがちですが、「ブレアウィッチ・プロジェクト」の頃と違うのは、映画の宣伝やレビューの中心が、ほとんどネットに移行しており、加えて、話題の火付け役として世界中に多数いる映画ブロガーをどれだけ味方につけられるか?が鍵になってきていることです。J・J・エイブラムスはそういう時代にマッチした、映画ブロガーと連携する新しい映画宣伝のスタイルを実践し、成功したと思われます。ただし、「クローバーフィールド」の成功に追随しようと、バットマン最新作「ザ・ダークナイト」も、様々な謎かけのような宣伝を、ネットや街頭で行なっていますが、あまりウケていません。映画ブロガーにウケる、ウケないのセンスの見極めがむずかしいところですね。
両生類・爬虫類ならビッダーズ!

007のダニエル・クレイグ主演の戦争映画「Defiance」の予告編です!!


Defiance」(反抗とか抵抗の意味)は、今年秋にアメリカで公開予定のエドワード・ズウィック監督の最新作です。物語は第二次大戦を舞台に、実在したビエルスキー3兄弟が、ナチス占領下のポーランドからベラルーシの森に脱出し、ロシアのレジスタントらと森の中に秘密の村を建設1200人あまりのユダヤ人を匿い、命を救った実話を描くものです。英雄の3兄弟を演じるのは、今年末には007=ジェームズ・ボンド最新作も公開されるダニエル・クレイグと、映画にたくさん出てるのに、ナオミ・ワッツの旦那としか思われないリーヴ・シュライバー、そして、「リトル・ダンサー」(2000年)のジェイミー・ベルです。エドワード・ズウィック監督は、「ラストサムライ」(2003年)や、「ブラッド・ダイヤモンド」(2006年)など、スケールの大きな感動ドラマに、うまくアクションをからめた退屈させない映画作りで定評のある人ですが、軽くラブストーリーを交えるのが余計と言われている監督です。この「Defiance」では、その辺り、メロドラマの要素を廃して仕上げられると、第2の「シンドラーのリスト」(1994年)になるのでは?、と期待されるのですが…。
【プロヒビテッド100】世界初の”H.Cニコチン排出法”でタバコを吸いたい気持ちがなくなる!【プロヒビテッド100】世界初の”H.Cニコチン排出法”でタバコを吸いたい気持ちがなくなる!
おすすめ度 :