トム・クルーズが自宅で誰もいないと思って、白ブリーフ丸出しでバカ踊りする動画…!!


動画は、1983年21歳トム・クルーズが主演した「卒業白書」の一場面です。ダンスは、トム・クルーズが即興で自分で振り付けたものです。と言うか、ま、勝手に踊り狂ってるだけですが。トム・クルーズの出世作はご存知「トップガン」(1986年)ですが、最初に注目された主演作は、この「卒業白書」です。両親が留守中の自宅を売春宿にして、ひと儲けする高校生の物語で、少年と年上の女性との淡い恋を描いた青春映画の名作です。この時点からすでに、トム・クルーズは視線を集めるカリスマ性と、類まれな演技力で、ライバル俳優らに先んじる感がありました。この映画の主役も、トム・ハンクスニコラス・ケイジに競り勝ち、奪っています。そんなアメリカ映画を代表するスターを期待されたトム・クルーズは、失読症という障害を克服し、娯楽路線芸術路線の映画に器用に交互に出演し、素晴らしい演技をたくさん観せてくれました。なのに一体、何が彼を狂わせるのか??結婚をオモチャとしか見ない女性蔑視の態度や、宗教がらみの奇行などで、彼の輝かしいキャリアは台無しです。「JUNO」で大ヒットを飛ばしたジェイソン・ライトマン監督は、「サンキュー・スモーキング」(2006年)で、トム・クルーズの今のお人形ケイティ・ホームズに、愛のないSEXで仕事をモノにする最低女を演じさせました。それはあたかも、トムキャットなどと囃される夫婦への痛烈な皮肉のようです。今となっては、この「卒業白書」の場面は、人気テレビ番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」の中で、トム・クルーズがケイティ・ホームズの名前を叫びながら、ソファで飛び跳ねていた姿の原点のように重なって、見えてしまいます…。
歩きたくなる靴から見せたくなる靴がいっぱいのアフィリエイトダンサーズ☆はこちらですv

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中