フランス発モノトーン・アニメ最新作は、セーラー服少女のダーク・ファンタジー!!


この少し、「ペルセポリス」(2007年)や「ルネッサンス」(2007年)を思い出させるような動画は、来週の17日から開催のサンダンス映画祭で上映されるフランスアニメ映画フィアーズ・オブ・ザ・ダーク(Fear[s] of the Dark)」(2007年)の予告編です。白黒のアニメで綴られるダーク・ファンタジーの作品を、著名なコミックやアニメの作家たちが持ち寄ったアンソロジーの映画だそうです。この映画を作ったフランスのアニメ製作会社 Prima Linea Productionsサイトでは、様々なアニメ作家たちの作品や、ビジュアル・イメージが豊富に見られるので、アニメやデザインの勉強をしてる人には参考になるかもしれません。予告編を見るだけでも、ドキドキさせるような世界観が展開してそうで、期待させるアニメなのですが、今のところ、日本での公開予定はないと思います。どこか日本の配給会社がサンダンス映画祭で買い付けてくれることを願いましょう。それにしても、女の子のキャラがセーラー服なのは、なぜなんだろう…??
魅惑のレアモノストアすぐくるジャパン

トム・クルーズが自宅で誰もいないと思って、白ブリーフ丸出しでバカ踊りする動画…!!


動画は、1983年21歳トム・クルーズが主演した「卒業白書」の一場面です。ダンスは、トム・クルーズが即興で自分で振り付けたものです。と言うか、ま、勝手に踊り狂ってるだけですが。トム・クルーズの出世作はご存知「トップガン」(1986年)ですが、最初に注目された主演作は、この「卒業白書」です。両親が留守中の自宅を売春宿にして、ひと儲けする高校生の物語で、少年と年上の女性との淡い恋を描いた青春映画の名作です。この時点からすでに、トム・クルーズは視線を集めるカリスマ性と、類まれな演技力で、ライバル俳優らに先んじる感がありました。この映画の主役も、トム・ハンクスニコラス・ケイジに競り勝ち、奪っています。そんなアメリカ映画を代表するスターを期待されたトム・クルーズは、失読症という障害を克服し、娯楽路線芸術路線の映画に器用に交互に出演し、素晴らしい演技をたくさん観せてくれました。なのに一体、何が彼を狂わせるのか??結婚をオモチャとしか見ない女性蔑視の態度や、宗教がらみの奇行などで、彼の輝かしいキャリアは台無しです。「JUNO」で大ヒットを飛ばしたジェイソン・ライトマン監督は、「サンキュー・スモーキング」(2006年)で、トム・クルーズの今のお人形ケイティ・ホームズに、愛のないSEXで仕事をモノにする最低女を演じさせました。それはあたかも、トムキャットなどと囃される夫婦への痛烈な皮肉のようです。今となっては、この「卒業白書」の場面は、人気テレビ番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」の中で、トム・クルーズがケイティ・ホームズの名前を叫びながら、ソファで飛び跳ねていた姿の原点のように重なって、見えてしまいます…。
歩きたくなる靴から見せたくなる靴がいっぱいのアフィリエイトダンサーズ☆はこちらですv

謎のモンスター映画「クローバーフィールド(Cloverfield)」、今度は色仕掛けで目くらまし…?!

クローバーフィールド-4
プロデューサーのJ・J・エイブラムスさん、ついにネタが尽きたか?!、それとも「クローバーフィールド」はモンスターの他に、きれいなお姉ぇちゃんも出てきます!!、というアピールなんでしょうか?!、新たにこんな写真を出してきました。これは…女優のオデット・ヤスマンかな?、どうゆうシチュエーションなんでしょうね??、まさか、夕べはモンスターで大変だったわ…とは思ってないでしょうが。

2007年の名作映画を4分15秒で全部見せる珠玉のトリビュート・ビデオ、必見です!!


www.worldofkj.comという映画サイトに寄稿しているマット・シャピロという人が編集した、2007年名作ドラマ映画トリビュート・ビデオです。出来すぎなくらい、感動させる編集です。BGMは「ワンス ダブリンの街角で」(2007年サンダンス映画祭観客賞受賞)のグレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァが歌う「Falling Slowly」。グッとくるムードを噛みしめてください。
ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サ/サントラ/SICP-1571ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サ/サントラ/SICP-1571
おすすめ度 :
売れないミュージシャンと移民女性とが音楽を通じて、心を通わせる感動的な音楽映画。日本でも人気でした。監督はミュージシャン出身のジョン・カーニーです。

セガールVSヴァン・ダムが実現か?!、2人が共演の元ネタ動画を発見!!


先週、お伝えしたバカ映画「セガールVSヴァン・ダム」の企画の実現まで待てないので、とりあえず、こんな動画を用意してみました。スティーヴン・セガールジャン=クロード・ヴァンダム微妙に…と言うか、全然、似てないソックリさんが出てきて、迷コンビぶりを発揮してくれてます。この動画は、有名なパロディ雑誌MAD」のテレビ版MADtv」の中で放送されたコントです。まさか、これを元ネタマーク・A・Z・ディッペ監督(「スポーン」)は企画を考えた??わけではないでしょうが…、その可能性も否定できないような…。

DMM.com 送料無料のお悩みグッズ通販

映画「スピードレーサー」のスーパーカー、東京オートサロンで展示中!!

スピードレーサー
写真は、今日13日まで幕張メッセで開催の「東京オートサロン2008」で展示されている、この夏公開の話題作、映画「スピードレーサー」に登場するスーパーカーです。主人公スピードとレースを競う日本のレースチームの車で(真田広之がこれに乗るわけ?)、スポンサーはAUTOBACSです。タグルアトじゃないのが残念ですが、プロデューサー違うので、仕方ないですね。「スピードレーサー」は言うまでもなく、日本のアニメマッハGoGoGO」の実写とCGによる映画化で、監督は「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟です。ココ予告編を公開しています。
自動車雑誌でもおなじみの矢東タイヤ

ABBAの人気ミュージカル「マンマ・ミーア!」の最新映画ポスターです!!

ABBA(アバ)のヒット曲で構成された大人気ミュージカルマンマ・ミーア!」の映画版(今年夏アメリカ公開)の新しいポスターです。オリジナル舞台の演出家フィリダ・ロイド初映画監督をつとめ、「マンマ・ミーア!」の世界をスクリーンにくり広げてくれます。ヒロインはリンジー・ローハン親友として有名なアマンダ・セイフライドです。予告編と紹介記事はココでご覧ください。続きを読むの後に、おまけでゲイの「マンマ・ミーア!」をあげておきますので、お楽しみください!!
マンマミーア
ボディピアスとアクセサリーの専門店 ◇Manly wave◇

続きを読む