シャイア・ラブーフ最新作「イーグルアイ」、撮影現場でタバコのカッコいい写真です!!

シャイア・ラブーフ-1シャイア・ラブーフ-2
最新作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」に加えて、シャイア・ラブーフが2008年に主演する、もう一本のスピルバーグ作品イーグルアイ」の写真です。「イーグルアイ」はスティーヴン・スピルバーグ原作を得て、「ディスタービア」(2007年)でシャイアと名コンビぶりを発揮したD・J・カルーソー監督がメガホンを取るサスペンス映画です。物語は、テロリストに双子の兄を殺されたうえ、暗殺計画実行の仲間にされてしまったシャイアが、いかにテロリストたちを出し抜き、暗殺を阻止し、自分も逃れるかというドキドキの展開に満ちた内容のようです。共演は、シャイアと同じくテロの仲間にされる不運なシングルマザーに、「M:i:III」(2006年)のミシェル・モナハンの他、ロザリオ・ドーソン(「シン・シティ」2005年)、ビリー・ボブ・ソーントン(「バッドサンタ」2003年)などです。本作の公開はアメリカが今年8月8日で決定しており、5月公開の「インディ・ジョーンズ4」から連続して、シャイア・ラブーフがサマーシーズンの興収ランキングに長期間、居座ることは決定のような感じですね。ま、健康のため、タバコは控えめにね…!!
関連記事
シャイア・ラブーフ、カリスマ歌手の伝記映画に主演を熱望!! 2007年12月22日
シャイア・ラブーフ、ひたすら「NO!」をくり返す!! 2007年12月02日
帽子&サングラス専門店『サングラスハット』!!特別セール開催中♪

ヘイデン・クリステンセンが千葉市でSF電脳空間映画に主演する?!

ニューロマンサー
スター・ウォーズ」で若きダース・ベイダーを演じたヘイデン・クリステンセンが次回作として、SF小説の名作ニューロマンサー」の主人公のハッカー役を検討中です。「ニューロマンサー」は、1984年にウィリアム・ギブスンが発表した、いわゆるサイバーパンクと呼ばれるジャンルの元祖の作品で、IT文化を語る時に使う「サイバースペース」という言葉が、この小説の造語であることは有名です。「ニューロマンサー」は、映画「ブレードランナー」(1982年)と似た要素が多く、ファンの人気を二分してるので、何度も映画化の話がありましたが、独特の世界観の映像化などが困難で実現していません。(続きを読むの後に関連動画)
中古なのに最大2年保証!安心の中古パソコンが常時2000台「中古パソコンのデジタルドラゴン」

続きを読む

マイクロソフト引退のビル・ゲイツ、第2の人生は映画俳優??、ジョージ・クルーニーと共演か??


アメリカ・ラスベガスで開催中の国際コンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)の名物(?)であるマイクロソフトビル・ゲイツ会長の基調演説で上映された映像です。音声が聞きづらいのですが、今年7月のビル・ゲイツのマイクロソフト引退にひっかけたパロディ・ビデオのようです。出演者が、マシュー・マコノヒーU2のボノジョージ・クルーニースティーヴン・スピルバーグ、「不都合な真実」(2006年)のアル・ゴア元副大統領オールスターで、ビル・ゲイツが「X-メン」のパロディでウルヴァリンの役をやったりしています。映像の中で、スピルバーグ監督が、ジョージ・クルーニーに電話で「ビル・ゲイツと共演しないか??」とか持ちかけるんですが、ジョージ・クルーニーはウザそうに断わります。大富豪の自分をセルフ・パロディとして、ビル・ゲイツはチャカしてみた訳ですが…、う~ん、本当にちょっとウザいかも。どうせなら、「Be Kind Rewind」(2008年)でジャック・ブラックが作ったようなパチくて愛嬌のあるバカビデオだったらよかったのにね…。
ジャンク商品は扱いません。

007最新作「ボンド22」、真のボンドガールはオルガ・キュリレンコと発表!!

オルガ・キュリレンコ007最新作「ボンド22」(今年11月アメリカ公開)のボンドガールは、これまでイギリスの新人女優ジェマ・アタートンと報じられてきましたが、ジェマ・アタートンはダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドの同僚MI6スパイであり、本当のボンドガールウクライナ出身モデル兼女優オルガ・キュリレンコであると、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが発表しました。オルガ・キュリレンコは1979年生まれで、15歳の時にモスクワファッションモデルとしてスカウトされ、ヨーロッパを代表するスーパーモデルとして活躍しました。その後、2005年日本の作家小川洋子の同名小説を映画化した「薬指の標本」で女優デビューし、イライジャ・ウッドと共演した「パリ、ジュテーム」(2006年)や、人気ゲームの映画化「ヒットマン」(2007年)などで注目されてきてる人です。オルガ・キュリレンコが演じるボンドガール、カミールは、ボンドに敵対しつつも、前作の「カジノ・ロワイヤル」(2006年)でエヴァ・グリーンのボンドガール、べスパーに裏切られたボンドの心を慰める役目も果すということで、どんな危険で魅惑的なボンドガールになるのか?、楽しみですね。続きを読むの後に、そんなオルガ・キュリレンコが出演した日本のファッション・ブランドKENZOのCMをおまけであげておきますので、ぜひ、ご覧ください。

続きを読む

謎のゴジラ映画「クローバーフィールド(Cloverfield)」が日本のニュースに登場、吉田ガヌさんて何者?!


昨日、お届けした「クローバーフィールド(Cloverfield)」のニュース映像の追加です。日本のテレビニュースも、謎の日本企業タグルアトの海底油田基地の惨事を大きく報道してるという設定ですね。さらに英語・フランス語・ロシア語のバージョンもありますが、中身は同じで、キリがないのであげませんでした。ま、ハリウッド映画は世界中で公開なので、このように各国語版を揃える苦労があるということですよねぇ。それにしても、タグルアトの社長の吉田ガヌさんて何なの??、ガヌって、どういう名前な訳??、日本人とは思えないのですが…。
シボレー、ローバーも品数豊富♪基本送料無料・完全組立で商品をお届け!