ハリソン・フォード、150ドルと引き換えに41年間、Mr.エリスを探しっぱなし?!


動画はハリソン・フォード41年前の映画初出演の場面です。「電撃フリント」シリーズのスター、ジェームズ・コバーンが相手ですが、この映画は彼が主演した1966年製作の「現金作戦」です。1942年生まれのハリソン・フォードは当時、24歳出演料は150ドルだったそうです。彼が俳優として初めて注目されるのは1973年のジョージ・ルーカス監督作品「アメリカン・グラフィティ」ですから、まだ7年も先のことですね。そういった下積み時代にハリソン・フォードが腕のいい大工で生計を立てていたことは有名ですが、そんな二重生活はさらに4年間続き、1977年、ついに「スター・ウォーズ」が空前の大ヒット、そして、あの「ブレード・ランナー」(1982年)です。その後は、大スターの道を一直線ですが、実のところ、1993年の「逃亡者」以来、代表作と言える映画に出ていない気がします。もちろん、最新作は「インディ・ジョーンズ4」で大注目なのですが、ファンとしては「刑事ジョン・ブック」(1985年)や、「モスキート・コースト」(1986年)のような演技派のハリソン・フォードも見たいのでは??、出演を断った「シリアナ」(2005年)では代わりのジョージ・クルーニーオスカーを獲られてしまいました。ハリソン・フォードに挑戦すべきことが後あるとするなら、演技でオスカーを獲ることだけでしょう。アリー my Loveなんて言ってる場合じゃありません!!
ozmallプレミアムスティ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中