マレーシアで最初のゾンビ映画「バナナ村のゾンビ」のチープさにのけぞれ!!

432f26a9.bmpあ~、またバカ映画を見つけてしまいました。
マレーシア映画史上初のゾンビ映画、しかも「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004年)みたいなゾンビ・コメディだそうです。タイトルは“Zombie Kampung Pisang”というのですが、これは日本語で「バナナ村のゾンビ」みたいな呆れた意味らしいです。物語は、バナナ村で怪死を遂げた人々がゾンビになり襲ってくる…!!、と、ハイ、単純です。が、この映画、ゾンビがベラベラと色んなことを喋ったり、バイクに乗ったりするらしいんですが、そういう描写にマレーシアの抱える社会問題が投影されてるそうです。ふむふむ、なんだか、本家ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画みたいじゃないすかぁ?!、それにしても、この映画はメイクがすごい!!、絶対に特殊メイクじゃない!!、ただの白塗り!!、どっかのジャングルの部族にしか見えません!!、でも、いいんです、国内で初のゾンビ映画を作ってやろうという根性をホメましょう!!、この映画はマレーシアで今年2007年4月に公開されたとのこと。監督はママト・ハリド(Mamat Khalid)という人です。当然、TOHOシネマズとかに来ませんし、DVD発売ある訳ありません。だもんで、とりあえず予告編をど~ぞ!!(続きを読むをクリックでゾンビの襲撃だ!!)
ガラシャ 150×40バナー



http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/fe8cfdba-7de1-484a-8490-2c0276e35eff Amazon.co.jp ウィジェット

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中