経営者トム・クルーズ、スターの座をアンジェリーナ・ジェリーに託し、自ら撤退を選んだ…??

d8de306c.jpgトム・クルーズが実質的な経営者をつとめている映画会社ユナイトが、2008年サマーシーズンに予定していたトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」の公開を、同年秋の10月に遅らせることを決めたようです。トム・クルーズは、最近の出演作「大いなる陰謀」でも観客動員に貢献できておらず、予定通りに「ワルキューレ」を公開しても、バットマン・シリーズの最新作「ダークナイト」などの大型作品の公開と重なるサマーシーズンでは、すでに敗色が濃厚との判断が下されたようです。その「ワルキューレ」に代わり、ユナイトがサマーシーズンに送り込むことを決めたのは、本来、春の公開を予定していたアンジェリーナ・ジョリーとジェームズ・マカヴォイが主演する「ウォンテッド」です。このことはすなわちトム・クルーズ自らが、マネーメイキング・スターのトップの座を、アンジェリーナ・ジョリーに譲り渡したも同然のような形となってしまいました。
しかしながら、一方には「ワルキューレ」の監督がブライアン・シンガーであり、共演にもケネス・ブラナーなどの名優がそろっていることで、作品自体は充分に見応えのあるものができるだろうとの見込みから、むしろオスカー狙いで秋にずらしたとの意見も言われています。
いずれにしろ、トム・クルーズについてはプライベートの宗教の問題などから、引き続き世間の風当たりが強い状態は続いており、また、すでに公開されている「ワルキューレ」の予告編の評判もよくないことから、やはり映画商戦の最前線から退かざるをえなかったというのが本音ではないでしょうか。
思えば、「トップガン」の大ヒットから21年だけに息切れも当然と言えば、当然かもしれませんけどね。
関連記事
アンジェリーナ・ジョリー史上①番カッコいい!!、闇の異人のガンさばきに惚れろ!! 2007年12月12日
不振のトム・クルーズ、13年ぶりにヴァンパイアの眠りを覚ます?! 2007年11月30日
トム・クルーズ主演の新作「ワルキューレ」でヒトラー暗殺だぜ!2007年11月11日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中