ウィノナ・ライダーが映画で騎乗位自慰を見せつけ!!、激しい腰使いにティッシュの用意は大丈夫?!


b995d166.jpgThe Ten”(2007年)という映画でのウィノナ・ライダーの出演場面です!!、アメリカで今年の夏に公開された、聖書の「十戒」をギャグにした映画ですが、ウィノナ・ライダー、腹話術の人形相手に何やってんだか??、ほんとバカにも程があります!!、ウィノナ・ライダー、仕事、選べよ!!、それとも契約してから、こんなバカ演らされるってわかったのか??、「スキャナー・ダークリー」(2006年)に出ながら、裏でこんなこともやってたなんて…。いずれにしろ、見るからにしょーもなさそーな映画に出ちゃって気の毒ですね。だけど、この映画、他にジェシカ・アルバや、「X-メン」シリーズのファムケ・ヤンセンとかも出ちゃってます。なお、ウィノナ・ライダーは現在、「LOST」のJ・J・エイブラムスが監督のまともな映画、新作「スタートレック」劇場版に出演中なので、こちらに期待しましょうね!!、ところで、ブレイク・エドワーズ監督ボー・デレクが出演した「テン」(1979年)という映画もちょっとエッチでしたよね、こちらは10点満点=最高の女という意味で「テン」でしたが。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/a9a81a82-8e9f-4f65-a010-46e906605581 Amazon.co.jp ウィジェット

「ぼくの彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン、ヴァンパイアじゃなくスーパーマンの予告編公開!!、やっぱり、かわゆい…

871950b6.jpg猟奇的な彼女」(2001年)、「僕の彼女を紹介します」(2004年)の、とにかくかわいいチョン・ジヒョンの最新作「スーパーマンだった男」の予告編が公開されたので、お届けします。この最新作では、チョン・ジヒョンはテレビ局のドキュメンタリー番組のプロデューサーの役で、自分をスーパーマンだと信じ込んでいるアブナイ男を利用して、感動的なお涙ちょうだい番組をデッチ上げようとする、やっぱり、強引なキャラみたいですが、チョン・ジヒョンのファン的には、そんな彼女が見たかったのでは??、この作品の監督は「マラソン」(2005年)のチョン・ユンチョル。主人公のスーパーマン??を演じるのは、ファン・ジョンミンです。2008年韓国公開予定です。なお、チョン・ジヒョンは日本のアニメが原作の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」も待機中です。(↓続きを読むをクリックで予告編です)
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/1b3721c1-73a2-4d06-b48c-ce24e92b50c4 Amazon.co.jp ウィジェット

続きを読む

ゾンビが出ないゾンビ映画?と孤児院の幽霊…ギレルモ・デルトロ監督最新作の話題です

5cf94136.jpgファンが待ち望んでいた続編「ヘルボーイ2 (Hellboy II:The Golden Army)」(2008年夏アメリカ公開)の製作が順調に進んでいるギレルモ・デルトロ監督ですが、早くも新しいプロジェクトとして、イギリス人の37歳の作家デビッド・ムーディの小説「ヘイター」(HATER)を映画化するそうです。
このデビッド・ムーディという人は「オータム(autumn)」シリーズというゾンビ小説で人気の作家なのですが、この「ヘイター」は、ゾンビが出てこないゾンビものと言われている変り種の作品です。
あらすじは、治安の悪い地区に暮らす主人公のダニーたち家族は、近所で頻発する暴力事件を、はじめは地域のガラの悪さと思いますが、次第に暴力沙汰はエスカレートし、人々は何の理由や目的もなく、突然、凶暴な人格に変異し、他人を襲い始めます!!、果たして、この人を暴力に駆り立てる謎の力とは何なのか…?というものです。ミステリアスで、かなり強烈なバイオレンスの映画になりそうですが、あの「デビルズ・バックボーン」(2001年)や「パンズ・ラビリンス」(2006年)のように、単に怖がらす映画ではなく、しっかりとしたテーマを内に秘めた作品を作るデルトロ監督ですから、この「ヘイター」も何か意味深な映画になるのでは?と、すでに注目されています。
そんなデルトロ監督の最新プロデュース作品で、近日、アメリカでも公開される“The Orphanage(←児童養護施設のこと)”(2007年)が話題になっているので、あわせて紹介しておきます。この作品は、デルトロ監督自らが「プロデュース」ではなく、「ギレルモ・デルトロ・プレゼンツ」と、あえて言葉を選んで紹介することを望んでいるように、デルトロ監督が最高の自信を持って観客に贈る不思議なホラー映画です!!

続きを読む

大ニュース!! 「ジャッカス」激ヤバの最新作がネットで近日、無料配信だって!!

438ff9a7.jpgMTVの番組から劇場用映画化され大成功し、続編まで作られた、あの危険で下品なバカ野郎たちの悪のりスタント集「ジャッカス」のシリーズの最新作が極秘撮影されていたのですが、ついに「ジャッカス2.5」として完成し、公開されることになりました。
と言っても、この最新作、実は映画館ではなく、インターネット上で無料で公開されるんです!!
以前から、新作映画をネットで販売・鑑賞するという新しい映画の流通スタイルは話題になっていましたが、この「ジャッカス2.5」で、ついにその実験が試みられるという訳です。
しかしながら、この「ジャッカス2.5」が記念すべきネット公開第1作めに選ばれた背景には、最近の「ボラット」(2007年)などでもそうですが、リアリティ系の作品の場合、どうしても画面に一般の無関係な人が映ってしまう個人の肖像権の問題や、また「ジャッカス」については危険であったり、下品であったりするスタントなどが、劇場公開では、レーティング・システムが障害になるなどの事情もあるのでは?と察せられます。加えて、「ジャッカス」シリーズは極めて製作費が安いため、ネット上での公開からスタートしても採算がとれるとの目論見もあるかと考えられます。なお、この「ジャッカス2.5」は作品の上映時間が64分と短いため、「3」にはなれず、0.5を足して「2.5」としたとのことです。ま、これがウケれば、追加を撮り足して「3」として劇場に来るんじゃないでしょうか??
「ジャッカス2.5」は、12月19日から2週間限定で下記のアドレスで公開される予定です。続きを読むをクリックで、ジャッカスが日本で収録した映像をつけときますので、おヒマな方はご覧になり、笑ってあげてね。
「ジャッカス2.5」公開アドレス→ blockbuster.jackassworld.com
★「ジャッカス2.5」の予告編など公開中なのでアクセスしてみてください!
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/b9149363-5602-4fa5-8df2-628110f18d17 Amazon.co.jp ウィジェット

続きを読む

ジョニー・デップの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、オープニングをチラ見せします!!


2008年1月19日全国公開ジョニー・デップ主演最新作「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」のオープニング・タイトルをお届けします。最近の映画に、こうゆうオープニング・タイトルというのは少ないのですが(「007」シリーズを除けば)、映画の時代設定にあわせ、さすがは「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(1993年)製作のティム・バートン監督らしいダークで、期待をそそる仕上がりとなっています。この作品は、イギリス・ヴィクトリア朝時代の怖~い都市伝説をテーマにした同名ミュージカルの映画化で、歌うジョニデが話題となっているものです。これ、年内公開でお正月に観れたら、よかったのにね…。
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/httpblogl0fdf-22/8001/993072cb-e8d6-422a-b3d6-793ad5091a25 Amazon.co.jp ウィジェット
関連記事
「スウィーニー・トッド」のへレム・ボナム=カーターが妊婦モデルを… 2007年11月21日
ティム・バートン「シザーハンズ」の原点をリメイク!! 2007年11月18日