ウィル・フェレル、俺たちフィギュア・スケべ…じゃなくて、その次のバカ映画の話です

d282ebff.jpg俺たちフィギュアスケーター」が12月22日公開(正月映画で一番観る価値あるんじゃないか)のウィル・フェレルの最新作「セミプロ」“SEMI-PRO”の予告編がようやく公開されたので、お届けします。
この「セミプロ」“SEMI-PRO”は、「タラデガ・ナイト オーバルの狼」(2006年)、「俺たちフィギュアスケーター」(2007年)に続く、ウィル・フェレル絶頂スポーツ・コメディ3部作(て、勝手に言ってるんですけど)のフィナーレを飾る(やっぱり、勝手に言ってますけど)にふさわしい、バカで傲慢で下品で、どうしようもないサイテーの映画です。お話は、ウィル・フェレルが演じる一発屋の歌手ジャッキー・ムーンがしこたま稼いだ印税で、弱小プロバスケ・チームを買い取り、自分がオーナー監督そして、スター選手と身勝手の限りを尽くすのですが、チームの存続が危うくなり…というものですけど、ストーリーよりもギャグですよね、とりあえず、予告編でサワリだけでも観ときましょう。この「セミプロ」“SEMI-PRO”は2008年2月アメリカ公開です。(続きを読むをクリックで予告編)

続きを読む

ウォシャウスキー兄弟の「マッハGoGoGo」=「スピードレーサー」予告編が到着!!

昨日、ビジュアルが初公開されたと思ったら、早くも予告編が登場!!
やっぱり、「マッハGoGoGo」とは、ちと違うと思うんだけど…。
http://cdn.channel.aol.com/aolexd_widgets/aolwidget_9.swf
http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fhttpblogl0fdf-22%2F8003%2F5ef4d119-9bab-40cb-baf8-098054f75a08&Operation=GetDisplayTemplate Amazon.co.jp ウィジェット
関連記事
ウォシャウスキー兄弟の「スピードレーサー」、「マッハGo…」とは似ても似つかぬビジュアル初公開で期待値没落!! 2007年12月06日
実写版「マッハGoGoGo」最新動画を公開!!、「LOST」のマシュー・フォックスが… 2007年12月05日

「パイレーツ・オブ・カリビアン」をおさえてトップに立った短編コメディ映画!!といってもネット上ですが…

34f2145c.jpg今年2007年も後残りわずか、一番人気のあった映画はどうやら「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」になりそうですが、インターネットの動画サイトでは“FCU:Fact Checkers Unit”という短編映画が首位を独占しそうです。
この作品は、インターネット上の短編映画としては恐らく最も多い75万件以上の鑑賞アクセスを得て、その人気と質の高さからサンダンス映画祭に特別招待される栄誉を得たものです。
このコメディ映画は、出版社で雑誌などの記事原稿に事実とは異なる誤った内容などがないかを事前に調査・確認する係のちょっとマヌケな2人の男が主人公です。この2人が調査しなければならない事実というのが「夜、寝る前に、あたたかいミルクを飲むと快適な睡眠を得られる」というもので、それだけだったらカンタンそうなんですが、文章の最後に「ビル・マーレーのように」と書き添えられてあったから、さぁ、困りました!!ビル・マーレーにそういう習慣があるのかぁ??までを2人は調査しなければなりません。そこで2人はビル・マーレーの家に忍び込むことに…。(続きを読むをクリックで本編まるごと公開)

続きを読む

「恋愛睡眠のすすめ」のミシェル・ゴンドリー監督、10年ぶり?の最新作は前衛的な社会派?!

5689c797.jpgミシェル・ゴンドリー監督が10年ぶりって?、「恋愛睡眠のすすめ」は去年2006年の映画だし、そもそも、この人、2001年の「ヒューマン・ネイチュア」でデビューだから10年も映画監督やってないじゃん!!ってことなんですけども、10年ぶりに作ったのはビョーク(「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)で主演女優賞ね)のプロモーション・ビデオなんです。
ファンの方なら当然、ご存知だと思いますが、ミシェル・ゴンドリー監督は元々は音楽ビデオのクリエイターというか、もうアートの領域の人で、特にビョークとのコラボーレーションでは高く評価されています。そのビョークと10年ぶりに作ったのが、今回、お届けする「ディクレア・インディペンデンス」です。この曲は「ヴォルタ」というアルバムに収録されているもので、タイトルの「独立を宣言するんだ!!」は、ビョークの出身のアイスランドもそうだし、その周辺のグリーンランドとか、歴史的にもずっと植民地の問題を抱えている地域に対するメッセージなんですが、この新作ビデオを観ると、それらだけじゃなく、アメリカが自由独立の援助というような、もっともらしい言葉で占領と戦争を続けているイラクなどの中東の問題や、そのアメリカ主導で進みつつある世界のグローバル化という動き自体に対する疑問さえ投げかけられているような気がします。ま、そんな社会的なメッセージはさておき、ビジュアル・アートとして、すごく、おもしろいと思いますので、どうぞ、ご覧ください。
なお、ミシェル・ゴンドリー監督の映画の最新作はジャック・ブラック主演のアホなコメディ“Be Kind Rewind”(2008年1月アメリカ公開)です。関連記事もあわせてお読みください。しかし、ミシェル・ゴンドリー監督、テネイシャスDにもこういうカッコいいビデオ作ってあげたら??、あ、テネイシャスDはジャック・ブラックが“本業!!”としてやってるバンドです。(続きを読むをクリックで動画です)

続きを読む