「ソウ」のスタッフからのチェーンメールを無視すると死ぬ?!

e0fe4b6d.jpg「ソウ」シリーズのプロデューサー、マーク・バーグの新たな恐怖のテーマは“チェーンメール”で決まりとのことです。
詳しいストーリーは未定ながら、およそ、想像できるようにチェーンメールを途切れさせた者には死が訪れる…という内容だそうで、冗談みたいだが、チェーンマンというマニアックなキャラが殺しにやってくるらしい。
写真のよな事にでもなるんでしょうか?、でも殺しちゃったら、メールも続かないと思うんだけど。
まぁ、確かに知らない相手からのメールって、ちょっと不気味な可能性もありえますよね。
いずれにしろ、低予算ホラーの王道を行ってくれることでしょう。(続きを読むをクリックで動画あります)


なお、本作のタイトルは“Chain Letter”で、出演は、掘り出し物の名作「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」(2004)の脚本を書き、自ら出演もした才能豊かなニッキー・リードの他、「ソウ3」(2006)、「ソウ4」(2007)でジグソウの奥さん役を演じたベッツィ・ラッセル。そして、恐怖のチェーンマンには、あの「ヒルズ・ハブ・アイズ」シリーズのマイケル・ベイリー・スミスが予定されています。
監督は、インディーズで音楽レーベルを立ち上げた後、映画製作にも乗り出してきた新人のデオン・テイラー。バスケの腕前はNBA級とのことですが、果たして映画の出来はどうでしょうか?
あ、そういや、おいらも「鉄腕ダッシュの実験です」ていうチェーンメールがまわってきたことあったなぁ…、フツーに無視したけど。
では、デオン・テイラー監督のデビュー作“7eventy 5ive”(2007)の予告編でもご覧下さい。この低予算ホラー映画の製作には、なんと、あのNBAの元スーパースターだったマジック・ジョンソンが加わっています(この人、映画館も経営してます)。デオン監督、バスケ、上手くてよかったね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中