ジョニー・デップお薦めの天才子役が音楽映画に主演!!

6f355d70.jpgフレディ・ハイモア君という少年をご存知ですか?
1992年、ロンドン生まれの彼は現在15歳なんですが、映画俳優としてのキャリアは、そらぁもう、すごいもんです。
1999年に“Women Talking Dirty”(日本未公開)でいきなり、ヘレナ・ボナム・カーターとの共演でデビューし、2004年に出演した「ネバーランド」で数々の演技賞を得て、共演したジョニー・デップからも絶賛された彼は、続けてジョニー・デップの希望で「チャーリーとチョコレート工場」(2005年)で2度目の共演を果たし、主人公のチャリーを見事に演じました。
その後も、リドリー・スコット監督の「ア・グッド・イヤー プロヴァンスからの贈りもの」(2006)ではラッセル・クロウの子ども時代を演じた他、リュック・ベッソン監督の引退作品「アーサーとミニモイの不思議な国」(2006) でも主人公のアーサー役に起用されています。
2008年もすでに「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(2008年3月日本公開)、“The Spiderwick Chronicles”(人気のジュニア・ノベル「スパイダーウィック家の謎」の映画化)など、話題作への出演が途切れません。
そんなフレディ・ハイモア君の最新作が、今回、紹介する「オーガスト・ラッシュ」“August Rush”です。

続きを読む

え?、本当はクリスチャン・ベールがターミネーター役で暴れるわけ??

2a5797c9.jpgこのブログでも、最新作「ターミネーター4」(監督はいわゆる「チャリエン」のマックG)に、クリスチャン・ベール(「バットマン ダークナイト」撮影中←ココをクリックでバットマンの映画の舞台ゴッサムシティの新聞が読めます)が、レジスタンスのリーダー、ジョン・コナーの役で出演するかもしれないとお伝えしましたが、新たな情報として、実はクリスチャン・ベールがターミネーター役ではないか?などの憶測が出始めています。
(写真は新TVシリーズ「ターミネーター」だよ)
この最新作「ターミネーター4」は、すでに3部作での製作が決まっており…、

続きを読む