ドキュメンタリーなのにアニメ?、スピルバーグも注目の事件の映画化!!

45a10355.jpg“Chicago 10”(2007)という、ちょっと変わったドキュメンタリー映画の紹介です。
ドキュメンタリーというのは、日本語で言うと記録映画のことですよね、でも、この“Chicago 10”は記録映像も当然あるのですが、「スキャナー・ダークリー」風でMTV的なアニメを多用していることで話題になっています。
この新しいドキュメンタリーの手法に挑戦したのは、「くたばれ!ハリウッド」(2002)で日本でも知れられているドキュメンタリー監督のブレット・モーゲンです。
※「くたばれ!ハリウッド」は、「ゴッドファーザー」(1972)「マラソンマン」(1976)などを世に送り出した伝説的な映画プロデューサー、ロバート・エバンスの人生を描いた作品。
“Chicago 10”の内容は1968年のアメリカ・シカゴで…(続きを読むをクリックで動画)

続きを読む

ハリウッド・スターがエゴでプロバスケに挑戦とは最低?!

68523ec1.jpg日本では人気いまいちながらも、アメリカではNo.1コメディアンとして、映画が当たりに当たっているウィル・フェレルの最新作“Semi-Pro”の情報です。
前2作「タラデガ・ナイト オーバルの狼」(2006)、「俺たちフィギュアスケーター」 (2007) とスポーツもののウケの良さを狙ってか、この新作では1970年代のプロバスケ・チームを舞台に選んでいます。
ウィル・フェレル演じる一発屋の歌手ジャッキー・ムーンは曲のヒットで儲けた大金で、ずっと夢見ていたプロのバスケットボール選手になるべく、ABA(架空のリーグですから)に所属する弱小プロバスケ・チームを買い取り、オーナー兼監督兼選手としてやりたい放題を楽しみます。しかし、当然、チームは負け続けで人気低迷、リーグのABAもメジャーのNBAに吸収される危機に…。(続きを読むをクリックで動画)

続きを読む